アレルギー性鼻炎の薬でザイザルやタリオンはどう?

 

 

つらいアレルギー性鼻炎に

効果的と言われている薬は、

 

Sponsored Links

 

薬局やドラッグストアにも

たくさん並んでいますが、

病院でよく処方されている

ものの中では、

 

 

「ザイザル」や「タリオン」が多いようです。

 

 

これらは、どんな薬なの?

よく効くの?

副作用はどうなの?

 

 

個人差があると思いますが、その辺の事情をまとめてみました。

 

ジルテックを改善したザイザルとは!?

アレルギー性鼻炎に対して

最も多く使われているのは、

抗ヒスタミン薬です。

 

 

ヒスタミンには、血管を拡張させる作用があります。( `ー´)ノ

 

 

このヒスタミンの受容体の作用を

抑えるのが抗ヒスタミン薬で、

これを服用することで

アレルギー症状を抑えるわけです。

 

 

花粉やハウスダストなど、

アレルギーの原因となる物質が

鼻の粘膜に付着し、

 

 

これに対する過剰反応を

示すのがアレルギー反応であり、

 

 

くしゃみや鼻づまり、鼻水などの

症状を引き起こすのが

アレルギー性鼻炎です。

 

 

アレルゲンが鼻の粘膜に付着すると、

抗体が作られ、肥満細胞と結合します。

 

 

さらにアレルゲンが体内に

侵入すると、肥満細胞から

ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質

が放出され、

 

 

ヒスタミン受容体と結合し、

くしゃみや鼻水、鼻づまりなど

の症状を引き起こします。

 

 

抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンが

 

 

ヒスタミン受容体と結びつくのを防止し、鼻炎の症状を抑えようとするものなのです。(^^)/

 

 

ただ、第1世代といわれている

抗ヒスタミン薬は、強い眠気を

引き起こすとの指摘がなされてきました。

 

 

ヒスタミンは、脳内では集中力や

判断力、覚醒の維持などに

関与する性質を持っており、

 

 

第1世代の抗ヒスタミン薬では、

これが脳内にも入り込んでヒスタミンの

働きを抑えてしまったため、

 

 

眠気を催すという副作用

言われるようになったのですね。

 

 

そこで、この眠気を改善したのが

第2世代の抗ヒスタミン薬です。

 

 

また、第1世代でも言われていた、口が乾きやすいといった症状も緩和させるようになっています。

 

 

1983年以降に発売されたものが対象で、

様々な医療用および一般用の医薬品が

販売されています。

 

 

(薬局などで自分で買うことができる一般用医薬品は、OTC:Over The Counter医薬品とも呼ばれています)。

 

 

その中で、アレルギー性鼻炎の

薬としてよく処方されているものの

1つが、セチリジン塩酸塩を配合した

「ジルテック」です。

 

 

一方、2010年に認可された「ザイザル」は、

アレルギー性鼻炎や湿疹、皮膚のかゆみなど

に有効で、アレルギー症状を緩和する

効果のある薬です。

Sponsored Links

 

 

ザイザルは、ジルテックの有効成分

であるセチリジンに対し、レボセチリジン

を抽出して商品化したものなのです。

 

 

レボセチリジンのほうが効き目があって、即効性・持続性があり、眠気もより少ないとされています。

 

 

つまり、ジルテックを改善したものであり、

こうしたことから、

ザイザルは1日1回の服用でよく、

 

 

ジルテックと比べて半分程度の分量で同等の効果があるとされています。

 

 

実際、いろいろな患者さんが

服用した結果、あるいは医師が

処方して得られた声から見ると、

 

 

ジルテック、ザイザルとも総じて効果が強い薬といえそうです。

 

 

ただ、ザイザルがジルテックと比べて

半分の量で同じだけ効くといっても、

人によってはジルテックほどには

効かなかったり、

 

 

眠気を催したりというケースもあるようです。( ゚Д゚)

 

 

そのほかにも、頭痛や倦怠感なども

出る人もいるようですので、

相対的にジルテックよりも眠気が

少ないと考えるべきですね。

 

 

通販を含めてジェネリック医薬品

もありますが、いずれにしても、

 

 

効果と副作用については個体差

が大きいようですので、

やはり、まずは医者によく相談して

処方してもらうのが良いのではないでしょうか。

 

 

安定した効果が見込めるタリオンとは!?

ヒスタミン受容体をブロックする

ベポタスチンベシル酸塩を配合した

「タリオン」も、

 

 

様々なアレルギー症状や痒みを緩和させる薬です。

 

 

花粉症が発現する前に服用し、

これを予防するのに効く薬で、

 

 

比較的即効性がある反面、

眠気も少し強いとされています。

 

 

全般的に効果が安定的な薬で、

誰に対しても同じような効果が

得られるようです。

 

 

処方は錠剤のみで、1回に

10mg錠を1錠というのが

一般的ですが、作用時間が短いため、

 

 

効果がないと感じた場合は、

例えば1日3回服用へと増やすことで

効くようですね。

 

 

(個体差の問題がありますから、増量の場合は、医師、薬剤師さんに相談してからのほうが良いです)

 

 

ジェネリック医薬品はまだ発売されていないようです。

 

 

アレルギー性鼻炎で一番よく聞かれる

副作用が眠気であり、

 

 

実際、私も過去に飲んだ薬では、

眠気にちょっと悩まされましたが、

 

 

花粉症やアレルギー性鼻炎の症状の

苦しさを考えれば、

まあ、楽というべきでしょうか。(´・ω・`)

 

 

乗り物の運転をされるような人は、

もちろん服用には要注意です。

 

 

副作用のリスクがある薬を使用しないで、アレルギー性鼻炎の根治に効果的なアレルナイトプラスとは!?

 

Sponsored Links