「アトピー性皮膚炎は黄色ブドウ球菌を減らして予防!?」

 

アトピー性皮膚炎はご存知でしょうか?比較的多くの方がこのアトピー性皮膚炎を持っていると言われております。

 

Sponsored Links

アトピー性皮膚炎の方は、皮膚が乾燥しやすい体質の人になりやすいと言われております。

 

そして非常に強いかゆみが出てきたり、肌があれて赤くなってしまう事もあります。

 

今回は、そんなアトピー性皮膚炎について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、アトピー性皮膚炎の症状や原因はどのようなものなのか?であったり、アトピー性皮膚炎と黄色ブドウ球菌の関係性はどのようなものなのか?であったり、アトピー性皮膚炎と黄色ブドウ球菌はどういったものなのか?

 

などについて詳しく解説していきますね。

 

アトピー性皮膚炎の症状や原因とは

アトピー性皮膚炎は、乾燥した肌にありがちな敏感肌に、アトピー素因が重なる事によって発症してしまう慢性的な皮膚炎だと言われております。

 

アトピー性皮膚炎は、一昔前までは子どもの皮膚疾患とされており、基本的には大人になるにつれて症状がなくなっていくものだったのですが、近年は20歳前後になると再び症状が現れ始めてしまうという人が増えてきている傾向にあるのです。

 

アトピー性皮膚炎の原因は、主にダニやほこりなどのアレルギーが関係していると言われております。

 

しかし原因はそれだけでなく、乾燥した肌が衣類と触れて、摩擦が起きることによっても悪化していくと言われております。

 

つまり、それだけ肌が敏感でもあるということになります。

 

アトピー性皮膚炎の方は特に生活習慣を整えることが重要になってきます。

 

日々のストレスや疲れによっても症状の現れ方は大きく変わってきますし、睡眠不足でも症状は悪化すると言われております。

 

ですから、できるだけ健康的な生活を送ることが大切になってきますね。

 

アトピー性皮膚炎と黄色ブドウ球菌の関係性とは

黄色ブドウ球菌というものをご存知でしょうか?この黄色ブドウ球菌は、アトピー性皮膚炎を悪化させる因子の一つだと言われております。

 

ですから、アトピー性皮膚炎の症状を抑えるためにはこの黄色ブドウ球菌を減らす必要があるということなのです。

 

実際、アトピー性皮膚炎の症状が良くなってきた人ほどこの黄色ブドウ球菌は減っているというデータがあり、アトピー性皮膚炎の症状がひどい人ほど黄色ブドウ球菌が多いというデータも出ているのです。

 

黄色ブドウ球菌を減らすには、入浴やシャワーによって皮膚を清潔に保つことが重要だと言われております。

 

ですから、あまりゴシゴシとしすぎず、けれども丁寧に体を洗っていくことが大切です。

Sponsored Links

 

ぜひ、気を使って丁寧に体を洗っていきましょう。

 

そして、内服薬や外用薬を服用することによっても黄色ブドウ球菌を減少させることはできると言われております。

 

内服薬の場合、何日も連続して服用すると耐性菌が出現してきてしまい、薬の効き目がなくなってしまう可能性があると言われております。

 

ですから、内服薬は一週間以上連続で服用せずに、多くても5日までに抑えるようにしましょう。

 

そして外用薬の場合も一緒で、一週間以上連続で使用し続けてしまうと耐性菌ができてしまう可能性があるので、連続での使用は最長でも4日までに抑えるようにしてください。

 

黄色ブドウ球菌を徹底的に減らす方法とは

基本的に、皮膚からブドウ球菌が検出されても、すべての人がアトピー性皮膚炎に感染しているわけではありません。

 

アトピー性皮膚炎に感染するのは、好中球という名前の白血球が働き、黄色ブドウ球菌を防いでいる状態のことなのです。

 

この状態になった時に初めて菌が人体に影響を与え始めてしまい、一般的なアトピー性皮膚炎の症状が出てきてしまうのです。

 

アトピー性皮膚炎の症状を和らげるためにも、日々の生活習慣を整えていくことが大切だと言われております。

 

では、黄色ブドウ球菌を徹底的に減らす方法について以下に紹介していきますね。

 

 

・酸化亜鉛5%の濃度が含まれる軟膏であれば、黄色ブドウ球菌が皮膚に定着することを抑制します。

 

・抗菌作用のあるヒノキチオール軟膏であれば、ジュクジュクした部位を乾かし、特に耐性菌も現れることもなく安全に使用できます。

 

・イソジンなどの消毒液を使用すれば、耐性菌・ブドウ球菌を30秒〜60秒ほどで殺菌できるといわれています。

 

※抗菌薬とは違って、耐性がつかないのがメリットですが、人によっては、刺激が強くてしみてしまったり、かぶれを起こしてしまう方もいるので、注意が必要です。

 

・賛否両論はありますが、電気分解された殺菌力のある水で皮膚を洗うと効果的ともいわれています。

 

 

当たり前ですが、生活習慣が悪くなってしまうと、体内の健康バランスも崩れてきてしまうわけで、より症状が悪化してしまいます。

 

食生活も非常に重要で、体の健康を保つための栄養をしっかりと取らなければ症状は悪化してしまうと言われております。

 

ですから、そういった一般的な『健康』をしっかりと守り、体を気遣っていくことが最も重要なのです。そして、心の状態も常に良く保つことが重要です。

 

日々のストレスをどこかで解消できるようにリラックスできるものを見つけて、楽しく日々を過ごしていくこともアトピー性皮膚炎の症状を和らげるためには重要だということです。

 

Sponsored Links