「便秘解消に昼ごはんは?豆腐やもやし、モロヘイヤは!?」

 

 

近年、便秘に悩む女性が非常に増えてきていると言われております。

 

 

Sponsored Links

そして女性だけでなく男性においても便秘で悩んでいる方が増えてきています。

 

 

便秘になる理由というのは様々あるわけですが、最も多い便秘の原因というのが、

 

 

『無理なダイエット』によるものだと言われております。

 

 

無理に痩せようとする人ほど食事を減らしたり食事を抜いたりしてしまい、

 

 

必要な栄養を十分に摂取できなくなってしまうのです。

 

 

そうする事で腸の機能も低下してしまい、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

 

なので今回は、便秘解消に効果的な食事法や食べ物についてまとめました。

 

便秘解消方法!オリーブオイルやコーヒー、青汁は?

 

 

便秘解消に昼ごはんは!?

hiru

便秘解消するためには、1日3食しっかりと食べる事が重要になります。

 

 

出来るだけ毎日の食事の時間を合わせて良いリズムを作っていくようにしましょう。

 

 

お昼ご飯以外にも言える事ですが、

 

 

基本的には食物繊維が豊富に含まれている食事メニューを取り入れていくのがオススメです。

 

 

バナナや牛乳、玄米やたけのこでお通じを改善?

 

 

食物繊維は野菜に多く含まれております。

 

 

野菜以外にも、芋類であったりシリアルであったり、フルーツなんかにも多く含まれています。

 

 

ですからぜひバラエティに富んだ食事を取っていくように工夫してみてくださいね。

 

 

毎日同じメニューばかりを食べてしまうとどうしても飽きが来てしまいます。

 

 

なので、出来るだけ様々なメニューを用いて食事が楽しくなるようにしていきましょう。

 

 

お昼ご飯というと、

 

 

どうしてもカレーライスやラーメン、チャーハンといった、

 

 

単品もので済ましてしまう方が多いかと思います。

 

 

それらのメニューも悪くはないのですが、やはり栄養バランスが偏ってしまう可能性が高いです。

 

 

なので、毎日そういったメニューにするのは控えるようにしましょう。

 

 

また、水分補給をしっかりと行うという事も重要になってきます。

 

 

理想としては1日に2リットル以上飲むのが良いとされていますので、

 

 

お昼ご飯の時にも積極的に水分補給をしていくように心がけてくださいね。

 

 

便秘解消にミネラルウォーターや味噌汁、もやしや温野菜は?

 

 

便秘解消に豆腐やもやし!?

toufu

Sponsored Links

豆腐にも便秘解消の効果があるのをご存知でしたか?

 

 

豆腐には、『不溶性食物繊維』という食物繊維が豊富に含まれております。

 

 

この不溶性食物繊維には便の量を増やしたり、

 

 

便を硬くしたりしてくる働きがあると言われております。

 

 

そのため腸を刺激してくれて便を排出する働きを促進してくれるのです。

 

 

ですから豆腐を食べることは便秘解消に効果的だということです。

 

 

ただ、豆腐だけを食べ過ぎてしまうのはやめるようにしましょう。

 

 

便秘解消にチョコレートや豆腐、ざくろ酢やぶどうは?

 

 

豆腐ばかりを食べてしまうと今度は逆に便が硬くなりすぎてしまい、

 

 

便秘の症状がひどくなってしまう可能性が高まくなることもあります。

 

 

なので、適度に便の量を増やし、便を硬くする分には効果的ですが、

 

 

豆腐を食べ過ぎてしまうと逆に便が詰まってしまう可能性が高くなるので、

 

 

気をつけるようにしてくださいね。

 

 

また、もやしにも食物繊維が豊富に含まれているので非常にオススメです。

 

 

またもやしは、食物繊維だけでなく様々な栄養素が含まれているので健康にも良いと言われております。

 

 

例えばタンパク質や、ビタミンC、カルシウム、カリウム、ビタミンB2など、

 

 

栄養素が豊富に含まれておりますし、様々な料理にも使うことが出来ます。

 

 

便秘解消にモロヘイヤはどう!?

moroheiya

モロヘイヤも便秘解消に効果的だと言われております。

 

 

便秘解消のデザートは?アーモンドやカフェオレ、ひじきは?

 

 

モロヘイヤには、『水溶性食物繊維』が多く含まれております。

 

 

水溶性食物繊維には、腸内のコレステロールを吸着して排出してくれる働きがあったり、

 

 

腸内で分解されることによってビフィズス菌の増加を助けてくれる働きがあったりするので、

 

 

腸内環境を良くしてくれるのです。

 

 

さらに水溶性食物繊維は粘着力があるため、

 

 

腸の壁に張り付いてしまった宿便を吸着して排出してくれるのです。

 

 

そうすることによって今まで以上に便の通りが良くなって、

 

 

便秘になりにくい環境を作っていくことができると言われております。

 

 

モロヘイヤには、食物繊維がなんと100g中11.8gも入っていると言われいるので、

 

 

非常に食物繊維を豊富に含んだ食べ物であることがお分かりいただけるかと思います。

 

 

ぜひ積極的にモロヘイヤを用いたメニューを取り入れてみてくださいね。

 

 

《注目!》

腸内環境の改善に効果大!?乳酸菌サプリメントやオリゴ糖の正しい選び方!

 

 

 

Sponsored Links