便秘のコロコロを解消!?

 

便秘気味になると、たとえ便が排出されてもコロコロした石みたいな便が排出される場合が多いです。

 

Sponsored Links

 

さらに、お腹が張って状態が続くので、

 

 

気分としては最悪ですよね。|д゚)

 

 

まずは、便秘がちになってしまう原因について紹介していきたいと思います。

 

 

便秘気味になってしまう理由とは!?

便秘気味になる理由ですが、

 

・まずは水分不足が挙げられます。

 

健康な方の便だと、約70~80%が水分で出来ているといわれています。

 

 

逆に便の水分が70%以下だと、

 

 

便が固くなってしまい、約60%以下になるとコロコロ便になってしまうのです。

 

 

水分以外だと、腸内細菌や消化された物や消化されなかったもので便が構成されており、

 

 

絶妙なバランスをとって便が構成されているのです。

 

 

水分を毎日2ℓ以上摂取しているにも関わらず、コロコロ便が排出されてしまう…

 

 

この場合には、肛門付近に長期的に滞在していた便の水分が抜けてしまっている可能性が高いです。

 

 

【便がコロコロする原因とは】

まずは、

 

腸自体の機能の低下

 

が挙げられます。

 

腸自体の機能が低下している原因として

 

 

知らず知らずのうちに腸内環境自体を悪化させてしまっている成分を、

 

 

サプリや漢方薬から摂取しまっている可能性が高いです。|д゚)

 

 

主な成分として、

・「ビサコジル」

・「アントラキノン」

などが挙げられます。

 

 

これらを飲み過ぎてしまうと大幅に腸の機能自体を低下させてしまい、

 

 

逆に便秘を促進してしまいます。

 

 

次に

ストレスや妊娠によって

 

・自律神経や黄体ホルモンの乱れ

 

が挙げれます。

 

 

女性の場合は生理中や妊娠によって「黄体ホルモン」と呼ばれる物質が作られ、

 

 

これが原因で、便秘になってしまう傾向にあります。

 

 

また、コロコロ便になってしまう原因として、ストレスや環境の変更が原因の場合もあります。

 

 

病気を受診すると、下剤となる「酸化マグネシウム」が含まれるものを処方してもらえることもありますが、

 

 

こういった治療は、対処法にしかならず、

 

 

根本的にコロコロ便や便秘を解消していくことができません。

 

 

基本的には、体内の水不足が原因の便秘・コロコロ便が多いです。

 

 

特に冬の季節は体内の水不足になり、

 

 

便秘やコロコロ便を加速させてしまう可能性があるので、注意が必要です。(‘_’)

Sponsored Links

 

 

脂っこい食べ物やお肉中心の食事をしてしまうのも、便秘になる原因となるので注意が必要です。

 

 

便秘やコロコロ便を解消する食べ物とは!?

便秘やコロコロ便を解消する方法ですが、

 

 

お水と食べ物を一緒に摂取することがポイントとなります。

 

 

普通にお水だけ摂取してしまうと、大腸に到達する前に尿として排出されてしまうのです。

 

 

特にオレンジジュースは便を柔らかく働きがあるといわれています。

 

 

知恵袋では、実際に便秘を解消した具体的な方法が紹介されていましたので、掲載させて頂きます。

 

※個人差はあると思います。

 

benpi

 

 

便秘やコロコロ便を解消しやすい食べ物ですが、

 

 

食物繊維が豊富な食品として以下が挙げられます。

■レタス

■もやし

■大豆製品

■海藻類

■寒天

■バナナ

■こんにゃく

■ハチミツ

 

 

果物で食物繊維が豊富なものとしては、以下が挙げられますね。

■バナナ

■いちじく

■リンゴ

■キウイ

■プルーン

■オレンジ

 

 

さらに、ビタミンCやビタミンEクエン酸なども食べ物から摂取すると、

 

 

頑固な便秘解消には効果的といわれています。

 

 

ただ、先程紹介した食べ物には、

 

 

水に溶けない不溶性食物繊維となるので、

 

 

便秘解消には中々至りません。(; ・`д・´)

 

 

ですので、先程の食べ物を大量に毎日食べてもあまりコロコロ便・宿便の解消には至らりません。

 

 

ではどのように便秘を解消すればいいのか!?

便秘やコロコロ便が酷い方は、

 

 

腸内で悪玉菌が優勢な状態となっているのです。(>_<)

 

 

腸内で悪玉菌の腐敗発酵が進行すると、アンモニアやインドール・アミノなどの有害物質、毒素などが発生します。

 

 

すると、こういった有害物質や毒素が交感神経や副交感神経に作用して、

 

 

腸を痙攣させてしまいます。

 

 

これが、コロコロ便の原因となってしまうのです。

 

 

つまり、ビフィズス菌や乳酸菌などを摂取して、

 

 

腸内に有機酸を発生させて、便を柔らかくすることが大切となります。

 

 

善玉菌を効率的に摂取する方法とは!?

コロコロ便を放置していると、原因が良く分からない

 

 

「過敏性腸症候群(IBS)」を発症させてしまうリスクが上がります。

 

 

ですので、腸内環境の善玉菌の優位性を整えることがコロコロ便解消に大切となりますね。

 

善玉菌を効率良くせ摂取できる乳酸菌サプリメントTOP3

 

 

Sponsored Links