「便秘でめまいや吐き気、むくみ?冷や汗や嘔吐は?おならも臭い?」

 

 

便秘を放置しておくと、めまい・吐き気や嘔吐・むくみ・冷や汗・おならが臭いといった、

 

Sponsored Links

 

明らかな身体の不調を引き起こします。

 

 

また、便秘による腹痛もよくある不調の一つで、

 

 

腹痛がひどくなると冷や汗が出たり吐き気もよおしたりする事があります。

 

 

しかし、腹痛の中には大腸がんが原因となっているものもあり、生命に関わる場合もあります。

 

 

便秘を原因とする様々な体調不良は、自分でははっきりとした因果関係は分からないので、

 

 

よほど生活に支障が出るような症状が出ない限り放置してしまいがちです。

 

 

ですが、便秘によって様々な身体の不調が起こりうる事、

 

 

また生命に関わる重大な病にかかっている可能性があることを自覚し、

 

 

便秘を解消できるような生活を送ると共に、

 

 

激痛・冷や汗・嘔吐等激しい症状を伴う便秘が長く続くようであれば、病院で受診しましょう。

 

 

便秘で吹き出物や貧血?口臭は?息苦しいし自律神経も悪化?

 

 

便秘でめまいや吐き気、むくみも?

便秘の状態になると確かにお腹が張って気持ち悪いけど、いつもの事だからまあいいかと、

 

 

便秘をそれ程深刻に考えていない方も多いでしょう。

 

 

ですが、便秘を放置しておくと、明らかな身体の不調を引き起こす原因になってしまいます。

 

 

便秘を放って置いた結果、明らかな身体の不調として現れるのがめまいや吐き気・むくみです。

 

 

便秘が長期間にわたって続くと、腸の中に大量の便がたまります。

 

 

たまった便は腸の中で腐敗し、身体に有毒なガスを出すようになってしまいます。

 

 

有毒なガスは体内に吸収され、血液中に溶け込んで全身を周ります。

 

 

その結果、血行不良で脳へ十分な血流が行き渡らなかったり

 

 

自律神経が乱れたりしてめまいの原因になります。

 

 

また、腸の中に古い便がたまり続ける事によって、新しい食べ物を腸に送り出せなくなり、

 

 

食べ物が胃の中に残ってしまいます。

 

 

古い便が排出されず、食べ物も胃の中に残ったままの状態になると、食べ物は行き場を失うので、

 

 

食べ物を口から出そうとする動きが起こります。その動きが吐き気という形で現れます。

 

 

腸内環境が悪化?症状は口臭やアトピーに悪い?原因は?

 

 

さらに、長引く便秘はむくみの原因になります。

 

 

むくみは、血管の外に追い出された余分な水分や老廃物が皮膚の下にたまっている状態を言います。

 

 

長期間の便秘で腸内にたまってしまった便の腐敗によって生じる有毒なガスが、

 

 

腸の壁にある血管から全身にまわると、血流が悪くなります。

 

 

血流が悪くなると余分な水分が排出されにくくなり、むくみを引き起こします。

 

 

便秘が原因でめまいや吐き気、むくみを引き起こしているとしても、

 

 

はっきりとした因果関係は分からないものです。

 

 

ですが、便秘によって様々な身体の不調が起こりうる事を自覚し、

 

 

便秘を解消できるような生活を送りましょう。

 

 

便秘で冷や汗や嘔吐は?

便秘による腹痛はしばしば起こる症状の一つではありますが、

 

 

便秘による腹痛がひどくなると、冷や汗が出たり吐き気もよおしたりする事があります。

 

 

便秘によって腹痛が起こる原因で多いのは、

 

 

腸内にたまった便や有毒ガスが他の臓器を圧迫している事や腸がねじれている事ですが、

 

 

中には大腸にガンがある事が原因となっていて、生命に関わる場合もあります。

 

 

他の臓器を圧迫している事が原因の腹痛は、

 

 

たまった便が腐敗して発生する有毒ガスがどんどん腸を膨張させ、

 

 

他の臓器を圧迫してしまう事で起こります。

 

 

圧迫された臓器は十分な働きができなくなり、腹痛の原因になります。

Sponsored Links

 

 

また、たまった便や有毒ガスによって腸の中に食べ物が進まず、

 

 

胃の中に残ってしまうので、吐き気を併発して嘔吐してしまう事も多いです。

 

 

便秘による腹痛の原因として大きく取り上げられるようになったのが腸のねじれです。

 

 

では、なぜ腸のねじれが腹痛を引き起こすのでしょうか。

 

 

その原因は、腸がねじれている部分を便が通り抜けようとする時にねじれた部分で止まってしまい、

 

 

なかなか便を排出できないためです。

 

 

腸がねじれている部分で便が詰まってしまうと激しい腹痛が起こり、冷や汗が出る事もあります。

 

 

上の二つの原因は、便秘による腹痛としてはよくある原因ですが、

 

 

中には、大腸にがんがあるために腹痛が起こる場合もあります。

 

 

大腸にできているがんによって便通が妨げられるために便秘になり、激しい腹痛が起こります。

 

 

さらに、血便が出る事も特徴です。便秘による激しい腹痛が長く続く、血便が出るといった場合は、

 

 

大腸がんを疑い、一度病院で大腸がんの検査を受けましょう。

 

 

残便感や便秘や痔で出血?薬で解消は?

 

 

単なる便秘だと思っていたら、実は大腸がんにかかっていて生命に関わる場合もありますので、

 

 

激痛・冷や汗・嘔吐を伴う便秘が長く続くようであれば、病院で受診しましょう。

 

 

おならが臭くなる?治す方法とは

おならは、肛門から出る気体ですが、主に口から飲み込んだ空気と、

 

 

悪玉菌や善玉菌といった腸内細菌によって食物のかすが、

 

 

大腸の中で分解される時に発生するガスから成ります。

 

 

便秘になると腸内環境が悪化し、悪玉菌が増殖してしまいます。

 

 

善玉菌は主に炭水化物を分解しますが、炭水化物が分解される時に発生するガスはにおいがありません。

 

 

しかし、悪玉菌は主にタンパク質や脂肪を分解し、

 

 

タンパク質や脂肪が分解される時に出るガスは悪臭を発します。

 

 

したがって、悪玉菌が増殖するとおならが臭くなり、おならの回数も多くなります。

 

 

臭いおならやおならの回数が多い状態の解消法としては、

 

 

できるだけ体内に空気を取り込まない事や善玉菌を増やす事が挙げられます。

 

 

体内に空気を取り込み過ぎないようにするには、早食いを避け、炭酸飲料の飲み過ぎに注意しましょう。

 

 

また、善玉菌を増やすには食生活の改善が重要です。

 

善玉菌の多い食べ物!増やしたい方必見!増やし方とは

 

乳酸菌を多く含むヨーグルト・ぬか漬け・キムチ・味噌や、オリゴ糖を多く含む、

 

 

大豆・バナナ・乳製品・はちみつを積極的に食生活に取り入れましょう。

 

 

逆に、タンパク質や脂質、特に肉類の摂り過ぎは悪玉菌を増やしてしまいますので、

 

 

摂り過ぎないように注意しましょう。

 

 

便秘の人の腸内は水分が不足しがちです。

 

 

適度な水分補給を行うと、

 

 

便が水分を含んで柔らかくなり、便を排出しやすくなります。

 

 

便が排出されるようになると便秘が改善されて腸内環境が良くなります。

 

 

日々の生活でストレスを感じていると、自律神経の働きが乱れ、

 

 

腸の働きが悪くなって悪玉菌が増殖しやすくなりますので、上手にストレスを解消しましょう。

 

 

・体内に空気を取り込まないようにする

・善玉菌を増やす食生活をする

・適度に水分を補給する

・ストレス

 

上記のような対策を続ければ臭いおならは改善されていきます。

 

効率よく乳酸菌サプリメントを補給できるのはこちら!

 

Sponsored Links