「便秘にツボは即効?手やお灸で?妊娠も?つま先立ちは?」

 

多くの女性が悩まされている便秘ですが、ほとんどの場合は生活習慣やストレスによって引き起こっているものと言われております。実際に病院に行って治療をしてもらわなければ治すことができない便秘の患者さんというは全体の約1割程度しかいないと言われているのです。

 

Sponsored Links

ですから、もし便秘になってしまったとしても、生活習慣を見直していくだけで大体の便秘は解消することができるということです。

 

そこで今回は、便秘の解消法としてどのツボは即効性があるのか?ということや、お灸は効果的なのか?ということ、つま先立ちすることによって便秘解消につながるのか?ということなどを詳しく説明していきますね。

 

便秘解消に手のツボは即効性がある?妊婦は?

人間の体には、約360ほどのツボがあると言われております。

 

もちろん便秘に効果的なツボも存在しますの。まず、合谷(ごうこく)というツボです。この合谷というツボは、親指と人差し指の付け根の骨が交わるところに位置しております。反対側の親指と人差し指ではさむようにして揉んでいきましょう。

 

そしてもうひとつ、神門(しんもん)というツボも非常に便秘に効果的です。この神門は、掌を上に向けた状態の手首の関節部分の小指側で、骨と筋の間のくぼみとなっているところに位置しています。このツボを親指で爪を立てるようにしてグリグリと押していくと効果的です。

 

また、この手のツボを押していくというのは妊婦さんにも非常にお勧めの便秘解消法です。直接的にお腹に刺激を与えずに解消していける方法なので、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えずに便秘を解消していくことができますので非常にお勧めです。

 

今回は手のツボをご紹介させていただきましたが、手だけではなく足や背中にも効果的なツボがありますので、ぜひそちらも実践していくことをオススメします。

 

便秘解消にお灸は?

ツボを押すだけではなくお灸を使うことによって、便秘解消に効果的だと言われております。お灸は難しそうというイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはなく、市販で売られているものでも効果を期待できますので、ぜひ気になった方は購入してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

 

お灸は基本的に、台座の上に乗っているので直接火が当たることはありませんから、火傷の心配はありません。

 

ですので感じる熱さもちょうどいい具合にきますので、好きな人はおそらくやみつきになってしまう程ハマってしまう可能性もありますよ。

 

お灸を行う場所ですが、先ほど説明した便秘に効果的な『合谷』や、『神門』の上で行うようにしていきましょう。

 

また、お灸には熱さの種類がありますので、熱いのが好きな人でもあまり熱いのが好きではない人でも、自分にあった温度のお灸を選ぶことができますので、ぜひ色々な温度を試して、自分に合った温度のものを継続的に使用してみてください。

 

お灸は一回行うだけでは効果は発揮されませんので、便秘の症状がひどい人などは毎日行うことをお勧めします。毎日行うのは問題ありませんが、1日に何度も行ってしまうと、次の日に体がだるかったり重くなったりという症状が現れる可能性がありますので、1日に1回までで行うようにしてくださいね。

 

便秘解消につま先立ちはどう?

便秘解消にはつま先立ちをすることでも効果が得られると言われております。家の中で、大体5分間くらいつま先立ちをしているだけで、便意を催してくる人もいます。

 

なぜつま先立ちをすることによって便秘解消につながるのかというと、つま先立ちには、血行を改善する効果があったり、基礎代謝を向上してくれる効果があったり、足腰や腹筋を鍛えることができるという効果があったりします。

 

なので、これらの効果によって、基礎代謝があがり、必然的に腸の活動も活発になり始める可能性が非常に高いのです。そして何より、つま先立ちを実際に行っていただくと分かるかと思いますが、つま先立ちをしている時というのは非常に腹筋を使っているのです。

 

実は便秘と腹筋には大きな関わりがあって、便をしっかりと排出するには腹筋が必要なのです。つまり、腹筋が弱い人ほど便をしっかり排出しきれずに、便秘になってしまう可能性が高くなっているのです。

 

ですから、腹筋を日頃から鍛えていくことというのは、便秘になりにくい体質を作っていくことにもつながるということです。ぜひ、つま先立ちを実践して便秘を解消していきましょう。

Sponsored Links