男女共に悩まれている方が多い便秘。

 

 

出そうと思ってトイレに駆け込んでも、出る意志がなくなってしまう。

 

Sponsored Links

 

スッキリ出ないものかと思いカルピスのビオマインを一週間試してみました。

 

 

すると今までには、経験できなかった爽快感がと口コミが寄せられていますのでご紹介します。

 

 

カルピス:ビオマインの口コミや効果!

calpis-biomine-2

 

長年の便秘に悩んでいる40代前半女性

「私は長年便秘に悩まされ、知り合いからの勧めでビオマインを取り寄せてみることにしました。

 

 

ノーマルタイプと糖衣錠タイプがあるようで、私が注文したのは糖衣錠直径1cm位の粒でした。

 

 

このサプリは一日3錠いつ飲んでも良いので続けやすかったです。

 

 

ビオマインを飲んですぐにトイレに駆け込むと言うことはなく、

 

 

効果はあるのかと思い一週間過ぎ、8日目の夜に効果はありました。

 

 

すると一ヶ月経って快便とまではいかなくても以前のようではなくなりおまけに肌も綺麗になりました。」

 

 

ビオマインは小さな粒で一日三回いつでも飲んでいいので、続けやすく女性にも好評な商品です。

 

 

ビオマインに含まれる成分が腸まで届き、下剤のように即効性があるものではなく、

 

 

長期間で腸内環境を良くし悪玉菌を減らす事で便秘を解消してくれます。

 

 

偏った生活で便秘になり悩んでいる20代後半女性

「勤務時間が不規則な仕事に転職してから偏った生活になってしまいお腹にいつもスッキリしない日々が続きました。

 

 

便秘なんだなと思いそれでたまたま見た広告でカルピス社の「ビオマイン」を知り試しに使ってみました。

 

 

1日3錠好きな時に飲んで良いと書いてあるのでとりあえず3錠を寝る前に飲んでみました。

 

 

1日目、別に何も起こらず2日目、昨日と変化なし3日目、朝から便意がついに来たのです。

 

 

こんなことで感動するなんて。

 

 

ちなみに出たものは、臭いがきつくお腹の中で腐っていたのではないかと思うくらいでした。」

 

 

便秘だと気付かず慢性的な便秘の方にもビオマインの乳酸菌は腸内に溜まった老廃物を排出させる効果を発揮しています。

 

 

病気をした後に便秘になり悩んでいる50代 男性

「私は脳梗塞になって以来便秘に悩んできました。

 

 

病気になる前では毎日あったのですが、病気になって以来便秘になってしまいました。

 

 

便が4、5日でないのは当たり前になってしまったのです。

 

 

脳梗塞のせい?と思ったのですが、健康的な時と比べ運動量が格段に違っていたのが原因だと思います。

 

 

そうは言っても何とか排便をしなければならないのでサプリメントを使うことを考えました。

 

 

始めにオリゴ糖、次に乳酸菌のものを購入して一週間ほど使ってみました。

Sponsored Links

 

 

しかし、頑固な私の物にはあまり効果がありませんでした。

 

 

出たとしても当然お尻は痛いし硬いのがポロポロと情けないと思い、

 

 

インターネットを見ているとカルピスの「ビオマイン」は便秘に効果があるという記事が目に止まりました。

 

 

また、乳酸菌かと思いながら読んでみました、

 

 

そこには枯草菌(C−3102株)という見慣れない菌がいいと書いてありました。

 

 

試しに「ビオマイン」ってものを飲んでみるか。水で1日3錠とあったので、夕食時に飲んだのです。

 

 

2日目ぐらいから便意をもよおし、ついに出たのです。

 

 

久々に味わうこの感覚、スッキリという言葉がピッタリで頻繁に出ていたおならもめっきり少なくなり匂いも無くなりました。

 

 

これはいい、続けようと思います。」

 

 

運動不足により腸内の動きがにぶくなった方にも、

 

 

ビオマインの枯草菌という成分が腸の動きを活発にさせ便秘を解消へと導きます。

 

 

ビオマインの副作用や安全性について

calpis-biomine-2

 

そもそもビオマインって何?と思われる方が多いと思うので簡単に説明すると、

 

 

株式会社カルピスが作って販売しているのが「ビオマイン(枯草菌C−3102株配合)」で、

 

 

ビオマインに含まれる枯草菌C−3102株は体の中に持っているその人にあった「良いもの」を体の中からサポートして増やし、

 

 

枯草菌C−3102株は乳酸菌とかビフィズス菌と違い天然の殻の中に入っており、

 

 

胃酸や熱など外からの刺激に耐久性がありカプセルの中に入れなくても99%が生きて大腸まで届きます。

 

 

枯草菌(C−3102株)は、自然の中から見つかったものであり味噌や醤油、納豆などに含まれている菌なので、

 

 

毎日摂取しても体に悪い影響を与える事は少なく安全な菌です。

 

 

また、体内を忠実に再現したモデル(TIM)で実験を何度も行い、

 

 

どのような効果があるのかを明確にしているので、その点でも安心です。

 

 

そんな安心・安全なビオマインですが副作用についてですが、薬ではなく食品ですのでほとんどありません。

 

 

しかし、食品アレルギーのある方にはノーマルタイプには大豆が配合されており、

 

 

糖衣錠タイプには大豆とゼラチンが含まれていますので、飲まないようにしなければなりません。

 

 

また、薬との併用については「ビオマイン」の成分と飲んでいる薬との相性が悪い可能性もあるので、

 

 

併用したいという方は必ず医師に相談するようにしてください。

 

 

ビタミンKや血液凝固阻止薬の処方を受けている方も控えた方が良いかもしれません。

 

 

また、カバノキ科の花粉症の方、脳血栓などの血栓塞栓症があり、

 

 

病院でなんらかの処方を受けている方はビオマインの摂取を一度医師に相談しましょう。

 

Sponsored Links