冬のおわり頃~春にかけて毎年なん人もの方が悩まされる症状の花粉症。

 

 

スギをはじめとする50種類以上の花粉を吸い込むことで花粉症となり、

 

Sponsored Links

 

目の痒み・くしゃみ・鼻水がとまらないと辛さを訴える方が多くでてきます。

 

 

しかし、実は花粉症に悩まされている方は、なにも春先だけではないということをご存知ですか?

 

 

カルピス社のビオマインで花粉症を予防?

biomain

 

確かに大半は春先に舞うスギ花粉にやられる方が多いのは事実ですから、

 

 

春を超えると安心される方も多いのでしょう。

 

 

ところが秋に花粉の飛散する植物もあるのです。

 

 

秋の花粉のなかではブタクサやヨモギが春先のスギと同等の代表植物とされています。

 

 

他にもカナムグラという雑草に交じって生えることの多いクワ科の植物も多くの花粉を飛散します。

 

 

秋花粉はいずれも8月~11月頃がピークです。

 

 

ちなみにスギ花粉は2月~4月がピークです。

 

 

ですが、驚くことに実は花粉は年中飛んでいるのです。

 

 

飛散する量が微量に変わるだけでピークを過ぎたからと言って消えるわけではありません。

 

 

つまり常に花粉症予防に努めていないと花粉症になる可能性は一年中あるということです。

 

 

特に寒い時期は要注意です。

 

 

風邪をこじらせる方が多く免疫力の低下も花粉症にかかりやすい体にしている要因の一つです。

 

 

しかし、花粉は肉眼でみれるものではないので気付かない間に吸い込んでしまっているものですし、

 

 

ですので、花粉を吸いこんでも花粉症にならないようなカラダ作りをしていくのです。

 

 

そこで大事なのは腸内環境です。

 

 

意外と思われる方のために、腸内環境の悪化と花粉症の因果関係について説明しましょう。

 

 

そもそもアレルギーを起こす大きな要因となるのは悪玉菌が増えることにあります。

 

 

花粉症は特定の花粉に対するアレルギー疾患のひとつなので、

 

 

アレルギーに対して免疫をつけることが第一となってきます。

 

 

人間の体のなかで抗アレルギー効果が著しく高い器官が腸だといわれていますから、

 

 

腸内環境は最も大事なことだと分かります。

 

 

そこで、花粉症対策のために考案された乳酸菌サプリメント「カルピス乳酸菌ビオマイン」がおすすめです。

 

 

花粉症を抑える薬なら迷うほどに販売されていると思うのですが、

 

 

ビオマインはアレルギー症状を止めるわけではないんです。

 

 

腸内環境を整えることで体質的に”アレルギーを起こさせない。

 

 

すなわち体質改善による花粉症の根治が目的となるサプリメントなのです。

 

 

ビオマインには枯草菌と呼ばれる新プロバイオティクスC‐3102が多く含まれています。

 

biomain

 

プロバイオティクス(腸内菌)そのものは人間の体内で善い働きをしてくれるものをいいますが、

 

 

ほとんどの腸内菌は強力な胃酸でやられ腸まで辿りつけないのです。

 

 

しかし、この枯草菌C‐3102は強力な胃酸にも負けないほどの殻で、

 

 

菌そのものを守っているので胃で死滅することなく腸まで運んでくれるのです。

 

 

殻が硬い理由ですが、枯草菌C‐3102には芽胞を生成します。

 

 

これは、消化液や胃酸だけではなく、ストレスにも強い耐久性があります。

 

 

ですので、腸内に善玉菌を増やしてくれることでアレルギーに負けないカラダを作り上げてくれるのです。

Sponsored Links

 

 

枯草菌C‐3102って何?

biomain

枯草菌C‐3102は、腸内に善玉菌(ビフィズス菌)を増加させるだけではなく、

 

 

悪玉菌のそもそもの原因であるクロストリジウム属の微生物を減少させることができるのです。

 

 

カルピス社のビオマインは潰瘍性大腸炎に効果的?

calpis-biomine

 

善玉菌減少による体の異変は花粉症に体が敏感になるだけではありません。

 

 

善玉菌が減るということは当然ながら悪玉菌が増えるということになりますが、

 

 

悪玉菌が増えるとまず太りやすい体質になります。

 

 

代謝機能がうまく働かなくなることで、栄養の消化・吸収が上手にできなくなり肥満体質になるのです。

 

 

さらに、便秘です。

 

 

便秘になることで毒素・老廃物の排出に支障をきたすため毛穴のある肌から排出するしかなくなり、

 

 

皮膚は大きなダメージに耐えなくてはならない状況になります。

 

 

その結果、吹き出物という形で肌が悲鳴をあげるのです。

 

 

他にも疲労感や全身倦怠感、

 

 

うつ症状を発症してしまう方も少なくはないのです。

 

 

病気にかかりやすいといったリスクを上げるのも善玉菌の“減少”による“現象”なのです。

 

 

人体の約70%の免疫力は腸にいる細菌たちが担ってくれています。

 

 

なかでも多いのが厚生労働大臣が定める特定疾患のひとつ“潰瘍性大腸炎”です。

 

 

この病気は男性は20代前半、女性は20代後半に特に多いといわれています。

 

 

大腸が炎症を起こし、ただれてしまうことで潰瘍となり、

 

 

ついには穴をあけてしまう恐ろしい病気ですから非常に辛いものがあります。

 

 

実は大腸が炎症に関して、原因も治療法も今の医学の力でさえ解明できていません。

 

 

唯一分かっていることは、

 

 

潰瘍性大腸炎である患者さんのいずれも善玉菌減少がみられるということです。

 

 

ですので、善玉菌を増やしてくれる存在が必要なのです。

 

 

従来のプロバイオティクスの力では胃酸が生きたまま腸に送ってくれません。

 

 

今までとは全く新しいプロバイオティクス“枯草菌C‐3102株”であれば、

 

 

人工によってカプセル状にされたわけでもなく、自然の力で腸内菌を保護します。

 

 

カルピス社のビオマインには枯草菌C‐3102株が1粒に8億個も配合されています。

 

 

そしてその腸内菌が生きたままの状態で腸にたどり着いてくれることで、

 

 

善玉菌を最大限に増やしてくれるのです。

 

biomain

 

腸内に善玉菌が増えれば肥満、肌荒れ、便秘の解消にも繋がりますし、なによりも潰瘍性大腸炎の予防となります。

 

 

ですが、ビオマインの場合は、ゼラチンや大豆といったアレルギー物質が含まれているので、

 

 

アレルギー体質の方がビオマインを摂取する際には注意が必要です。

 

 

特に、現在薬を服用している方の中でもビタミンKの摂取制限がある方は、

 

 

医師と相談したうえで、ビオマインを摂取する必要があります。

 

 

というのも、ビオマインにはビタミンKが含まれているのです。

 

 

アレルゲンフリーの乳酸菌サプリメントで、便秘解消だけではなく、

 

 

アレルギー体質も改善したい方は以下のサプリサプリメントがおすすめです。

 

アレルナイトプラスの口コミや効果!蕁麻疹やアトピーに効く!?

 

管理人が選ぶ乳酸菌サプリのおすすめTOP3はこちら!

 

Sponsored Links