腸内環境が悪化?症状は口臭やアトピーに悪い?原因は?

 

 

腸内環境が悪くなる原因

として、ストレスや食生活が

主に関係していますが、

 

 

腸内に良い食べ物を摂取するだけで、アレルギー対策や免疫力の強化

 

 

に繋げることができます。

腸内環境は短期間に悪化

することもありますが、

 

 

改善することも短期間で可能といえます。

 

 

日常的に、腸内環境を調整

して、腸内環境と密接な関係に

あるアトピーやアレルギー、花粉症

などを改善していくことが重要

となります。

 

 

腸内環境の機能とは!?

腸内環境には主に3種類の菌

が住んでいます。

 

 

■善玉菌

■悪玉菌

■日和見菌

 

 

日和見菌 の詳細に関しては

以下の記事が参考になります。

 

 

乳酸菌は体に良いの!?

 

 

上記3種類の菌がバランスを

調整して、腸内環境や身体

の健康に働きかけています。

 

 

腸内環境に善玉菌が多い状態

であれば、免疫力が強化される

だけではなく、血行状態も良く

なります。

 

 

便通が改善されることは、体内の老廃物を排出することにつながりますので、美肌効果にも期待できますね。

 

 

逆に悪玉菌が増加してしまうと

肌荒れやアレルギー反応などを

起こしてしまう傾向にあります。

 

 

腸内環境が悪化する主な

原因ですが、

 

 

■お肉を大量に摂取して、腸内に悪玉菌を増加させてしまう

■強いストレスを受けることで、腸が痙攣してしまう

 

 

基本的に日本人の体とお肉は合っていないのです。( ゚Д゚)

 

 

日本人の大腸の長さは欧米人

よりも約0.5mほど長くて、約1.5m

ほどあるといわれています。

 

 

というのも、昔から日本人は

穀物や野菜中心の食事で

食物繊維を積極的に摂取して

いた傾向にあるのです。

 

 

腸内環境の悪化には上記の

ようなことも考慮する必要が

ありますね。

 

 

こういった腸内環境の悪化

を改善していくためには以下が

重要となります。

 

 

▶野菜中心の食生活を心がけること

▶適度に運動をしてストレスを発散すること

 

 

日本の腸は消化するのに

非常に時間がかかって

しまいます。

 

 

ですので、肉中心の食事では

なく、野菜中心の食生活に

変えて、腸内の消化を促進して

いくことが腸内環境の改善を

促進していくことができます。

 

 

勿論、適切な睡眠をとること

も大切となります。

 

 

腸内環境が悪化すると、おならや口臭が臭ったり、アトピーせ発生しやすくなる!?

腸内で悪玉菌が増加して

腸内環境が悪化すると、

 

 

口臭やおならの臭いに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

本来おならは空気という

こともあり、無臭です。

 

 

ただし、便秘などで便に長い

期間空気が触れることで、臭い

が発生しやすくなります。

 

 

また、腸内環境の悪化はアトピー

などを発生しやすい傾向にあります。

 

 

一般的に食事やほこり、ダニ、

ストレスなどが原因でアトピーに

悪影響を及ぼしてしまいがちですが、

 

 

内的要因として、

腸内細菌のバランスが乱れることでアトピーを発生しやすい傾向にあるのです。

 

 

お肉中心の食生活も悪玉菌の

増殖を加速させてしまうので、

注意が必要ですね。

 

 

悪玉菌が増えると、腸内で毒素

が発生しまい、体内この毒素を

異物を勘違いすることで、

アレルギーが発症してしまり、アトピーが出てくる可能性が高くなるのです。

 

 

乳酸菌がアトピーに有効!?赤ちゃんを事例に紹介!

 

 

腸内環境と免疫力の関係性とは!?

基本的に腸内では、免疫細胞の約70~80%を占めている

 

 

といわれているので、腸内環境

を調整することは花粉症やアトピー

などのアレルギーの症状を抑制

することができます。

 

 

ですので、善玉菌が豊富な

ヨーグルトや納豆などの、

 

 

発酵食品を継続して摂取することがアレルギー対策にもつながりますね。

 

 

逆に、砂糖やアルコール、冷たい

飲み物などを摂取すると、腸内環境

を悪化させてしまいやすいので、

気をつける必要がありますね。

Sponsored Links

 

 

食事で腸内環境を改善していく方法とは!?

 腸内環境を調整する食品として

有名なのはヨーグルトがありますね。

 

ヨーグルトの乳酸菌パワーとは!?ダイエット効果もある!?

 

 

上記の記事ではヨーグルトの効果

の詳細を書いています。(^^)/

 

 

要点をまとめると

■果物とヨーグルトを一緒に食べると腸内環境がより改善されやすい

■夜ご飯を食べた後にヨーグルトを摂取することで、胃酸による乳酸菌の消滅を抑制する

 

 

その他には植物性乳酸菌

を豊富に含む

 

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは?冷え性改善にも効果的!?

 

 

■漬物

■味噌

 

といった発酵食品が

 

 

胃酸に負けないで、腸まで届きやすい傾向にあります。

 

 

勿論、食物繊維も意識して

摂取することが重要となります。

 

 

ヨーグルトやバナナを焼いて食べると、腸内の善玉菌増加を促進していきます。( `ー´)ノ

 

 

【リンゴを焼くと効果的な理由】

リンゴには水溶性食物繊維である

ペクチンが含まれています。

 

 

これは善玉菌の一種で、

ビフィズス菌の増加を加速

させてくれます。

 

 

さらに、ペクチンは加熱されると

増加する傾向にあるので、リンゴは

焼いて食べた方が腸内環境の改善

に効果的なのです。

 

 

リンゴは、上記以外にも、

▶内脂肪の分解

▶コレステロール・血圧の抑制

といった作用もありますね。

 

 

【焼きバナナが効果的な理由】

バナナには水溶性食物繊維と

不溶性食物繊維がバランスよく

豊富に含まれているのです。

 

 

さらに、善玉菌のエサとなるオリゴ糖

も含まれているので、腸内環境の

改善に抜群の効果を発揮しやすいです。

 

 

オリゴ糖は焼かれると、分子が分解されるので、より一層善玉菌を取り入れやすいのです(^^♪

 

 

☆豆知識☆

■水溶性食物繊維

水に溶けやすく便秘解消促進には効果的

 

■不溶性食物繊維

大豆やさつまいも、レタス、きのこ類

に含まれており、便の量を増加

させる役割がありますが、

 

消化されにくいので、腸の中に残りやすいです。( ;∀;)

 

 

効率よく、腸内の善玉菌を

増加させたいのであれば、

 

 

ビフィズス菌やオリゴ糖、ビタミン類、食物繊維などが豊富なサプリメントの摂取が大切です!!

 

 

腸内環境の改善促進に

非常に効果を期待できます。

 

 

腸内環境を改善して、口臭やアトピーを抑制しやすいサプリメントとは!?

約90%の子供が効果を実感!花粉症や鼻炎対策!「アレルケア」

arerukea

アレルケアでは、

抗アレルギー効果によって、花粉症や鼻炎の対策には有効的

 

といわれています。

カルピス社が行った実験だと

なんと、4歳~15歳の子供が

アレルケアに含まれる

 

 

「L-92乳酸菌」を摂取することで、約90%の患者の通年性アレルギー性鼻炎が緩和されたとの報告があります。

 

 

さらに、

「L-92乳酸菌」には花粉症を

発症させる原因となる「Th2」と

呼ばれる物質の抑制に期待

できるのです。

 

 

アレルケアは健康食品なので

特に眠気やめまいといった

副作用の心配もないですね。

 

 

体質を改善していくことが

重要なので、最低でも約3カ月

ほど継続してアレルケアを摂取する

必要があります。

 

 

こういった継続的な摂取をされた方

の大半の口コミでは、

 

 

便通改善だけではなく、アトピーや花粉症の改善に効果を実感した

 

 

という口コミが多々見られますね。

Sponsored Links