「大腸がんや腸閉塞の症状!末期のステージでの余命は?治療とは?」

 

 

激しい腹痛に襲われ、吐き気や嘔吐などの症状を引き起こしてしまうと言われている腸閉塞ですが、

 

 

腸閉塞にも様々な種類があって、大腸がんによって腸閉塞が引き起こるということも中にはあります。

 

Sponsored Links

 

今回はその大腸がんと腸閉塞について、詳しくご紹介していこうと思います。

 

 

例えば、大腸がんと腸閉塞の症状や大腸がん、腸閉塞のステージ、

 

 

末期の場合の余命はどれくらいなのか?大腸がんや腸閉塞の治療法などを解説していきますね。

 

 

大腸がんや腸閉塞の症状とは?

大腸がんは、約2メートルほどある大腸に発生するがんのことを言います。

 

 

日本人の場合は、直腸とS字結腸にがんが発生しやすいと言われております。

 

 

大腸がんは、粘膜の細胞から発生して腺腫という良性腫瘍の一部ががん化してしまうことによって『大腸がん』になるのです。

 

 

その粘膜よりも深くにがんが広がっていない初期の段階では、残念ながら『症状を自覚』することは難しいと言われております。

 

 

その粘膜を越え、大腸の壁の外側にまで広がった時に初めて症状が現われるようになるのです。

 

 

がんが発生した大腸の場所によって多少は症状が異なりますが、主にこれらの症状が現れると言われています。

 

 

まず一つ目が『排便の変化』です。

 

 

血便になってしまったり、便自体が細くなってしまったり、下痢と便秘が何日も続く症状が現れたりします。

 

 

そして二つ目が『お腹の異変』です。

 

 

お腹が張ってきたり、急に腹痛に襲われたり、お腹にしこりができたりします。

 

 

それ以外にも、貧血が起きたり、急激に体重が落ちてしまったり、

 

 

嘔吐してしまうという症状もあると言われております。

 

 

これらの症状に当てはまるようでしたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

また、血便が出るという症状があるため、ただの痔だと勘違いして放置してしまう人が多くいます。

 

 

しかし、大腸がんの可能性もありますので気をつけるようにしましょうね。

 

 

大腸がんは、早期発見できればできるほど完全に治る可能性も高くなります。

 

 

ですから少しでも異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてくださいね。

 

 

腸閉塞は、大腸がんの腫瘍が大きくなって腸が塞がれてしまうことによって引き起こるケースもあります。

 

 

ですから、腸閉塞だと思って病院に行ったら実は大腸がんだった、という事もすくなからずあります。

Sponsored Links

 

 

やはり腸閉塞でも大腸がんでも病院での早期発見、そして早期治療が重要になってきますので、異変を感じたらすぐに病院に行くようにしましょうね。

 

 

大腸がんや腸閉塞のステージが末期の場合の余命は?

大腸がんの発見が遅れると、末期のがんに進行している場合があります。

 

 

末期というのはがんが既に手の施しようがないほど進行してしまっていることを指しますので、

 

 

そこから完治させるというのは非常に厳しい状態です。

 

 

ですから、末期がんの場合には余命が宣告させるわけですが、

 

 

大腸がんの場合の余命は大体3ヶ月から4ヶ月ほどだと言われております。

 

 

もちろんこれは全ての人に当てはまる訳ではなく、

 

 

その人それぞれ症状や進行具合は異なりますので一概にそうとは言い切れません。

 

 

ただ、末期になると症状もかなり進行していますから、食事をとるのもやっとの状態であったり、

 

 

血液が低下したりと、一般的な生活を送るのはかなり厳しい状態になっているはずです。

 

 

がんは早期発見できれば完治する病気ですから、定期的な健康診断を受けるように心がけてください。

 

 

大腸がんや腸閉塞の治療法とは?

大腸がんは、どれくらいがんが進行しているかによって治療法が異なってきます。

 

 

比較的軽度のがんであれば、内視鏡治療によってがんを取り除くことができます。

 

 

がんが腸の壁の粘膜にとどまっている状態であれば、この内視鏡治療によって取り除くことが可能です。

 

 

しかし、粘膜よりさらに深くまで入り込んでしまっている場合には、開腹手術が必要になってきます。

 

 

この段階になると、がんがリンパ節に転移してしまっている可能性も少なからずありますので、

 

 

リンパ節を切除する可能性も出てきます。

 

 

もっとも重度のがんになると、できる限りがんを取り除く手術を行いますが、

 

 

手術ができない場合には放射線治療か抗がん剤による治療に切り替わる可能性が出てきます。

 

 

腸閉塞は、開腹手術の経験がある人に起きやすいものなので気をつけるようにしましょう。

 

 

腸閉塞の場合は、とにかく何も口にせずに胃腸を休めるという事が大事です。

 

 

そして予防としても食生活、そして少しずつゆっくり食べるという事を日常生活から意識していきましょう。

 

大腸がんという最悪な事態を、腸閉塞予防で食い止めるおすすめの乳酸菌サプリメントとは!?

 

Sponsored Links