副鼻腔炎で頭痛?場所は?歯痛も?

 

 

鼻の病気としては、花粉症もその一種であるアレルギー性鼻炎が代表的ですが、

 

Sponsored Links

 

それ以外ですと、おそらく副鼻腔炎でしょう。

 

 

蓄膿症といったほうが、よく知られているかもしれません。

 

 

しかも、副鼻腔炎では、鼻やのどだけでなく、頭痛や歯痛の症状もみられます。

 

鼻炎で鼻づまり!手術で解消?費用(料金)はいくらなの?

 

 

厄介な副鼻腔炎の正体とは!?

鼻腔の周囲には、粘膜に覆われた空洞である副鼻腔がありますが、

 

 

風邪などにより、この副鼻腔の粘膜に細菌やウイルスが感染することで

 

 

炎症を起こし、鼻づまりや鼻水をはじめ、様々な症状が起きるのが副鼻腔炎です。

 

 

放置しておくと、中耳炎などを引き起こす原因となるため、早めの治療が必要になります。

 

 

急性副鼻腔炎は、細菌やウイルス感染によって発症するもので、

 

 

1~2週間程度で治りますね。

 

 

炎症によって膿が作られるため、鼻水が一部、またはその多くにおいて、

 

 

粘着質な黄色っぽい膿になっているのが見られます。

 

 

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎が長引くなどして

 

 

3か月以上かかっているものであり、蓄膿症とも言われています。

 

 

つまり、炎症のため、副鼻腔内にある分泌物や膿が排出できず、

 

 

炎症が長引いたり、風邪を繰り返すことで感染も続いてしまい、

 

 

断続的に3か月以上、こうした症状が続いたりして、慢性化してしまうわけですね。

 

 

鼻水が長引く場合、急性副鼻腔炎が発症している可能性があり、

 

 

これを放置しておくと慢性副鼻腔炎の発展に繋がる可能性もあるのです。

 

 

そうなると、様々な症状を引き起こして厄介なことになります。

 

 

また、花粉やハウスダストなど、アレルギーを引き起こすもの(アレルゲン)が原因で生じる

 

 

アレルギー性鼻炎をお持ちの方も、副鼻腔炎を発症するケースが多くなっているそうです。

 

 

アレルギー性鼻炎で鼻の粘膜が腫れて、抗原が副鼻腔に侵入してアレルギー反応を起こし、

 

 

炎症が悪化して、さらには副鼻腔炎に発展していくということです。

 

 

また、鼻と気管がつながっていることから、鼻炎をこじらせると、

 

 

気管の病気である喘息を引き起こすことにもつながるわけです。

 

私も子供のころは風邪の時、あるいは鼻炎で鼻をかんで、

 

 

黄色く濁った色をした鼻水をたびたび目にしましたが、

 

 

なんかドロッとしていて、変なにおいがして、気持ちのいいものではないですよね。

 

 

子供の時も、風邪を引いたときにしばしそういう鼻水が見られたりしましたが…。

 

 

このような、ウイルスに感染して炎症を起こして生じた鼻水が喉に流れると、

Sponsored Links

 

 

喉の粘膜が炎症を起こす原因となり、ひいては咳の原因となります。

 

 

炎症がひどくなると、当然、夜の就寝にも影響を及ぼしますね。

 

 

また、喉の炎症や、あるいは風邪・鼻炎による喉の腫れ、

 

 

イガイガから来る咳はとてもつらく、喉のスッキリ感がないために何度もやってしまう空咳は喉を傷め、

 

 

しばし出血を伴います。

 

 

こうなってくると、副鼻腔炎だけの問題ではなくなってくるため、やはり早めの治療が必要になるわけです。

 

副鼻腔炎の症状でめまい?吐き気や寒気は?

 

 

副鼻腔炎で頭痛や歯痛が起きるの!?

副鼻腔炎には様々な症状がみられますが、

 

 

鼻水や鼻づまりだけでなく、頭痛もその症状の1つに挙げられます。

 

 

頭痛は、目の奥や眉間、おでこや頬の部分など、広範囲にわたって生じます。

 

 

また、後頭部が長く続いたり、顔面への圧迫痛があったりとかは、

 

 

副鼻腔炎の可能性があります。

 

 

こうした痛みの場合には、熱いお湯で絞ったタオルなどで鼻を押さえると効果的なのです。

 

副鼻腔炎もよる痛みの部位としては、主に上顎祠(じょうがくどう、頬の部分)と、

 

 

篩骨祠(しこつどう)、目と鼻筋の間の部分)が挙げられます。

 

 

上顎祠に炎症が生じれば、そこに隣接している上の奥歯が痛むことになり、

 

 

「歯痛かな?」となるわけです。

 

 

また、虫歯が原因で副鼻腔炎が生じるケースもあります。( ゚Д゚)

 

 

歯生上顎祠炎と呼ばれ、虫歯や歯茎の病気が原因でなるそうです。

 

 

つまり、上奥歯の虫歯が痛みだして、その奥歯の根元部分は上顎祠と隣接しているため、

 

 

そこから菌が侵入するわけですね。

 

 

そして、その痛みがある側の鼻から膿のにおいを伴う鼻水が生じ、頬まで痛んでくるわけです。

 

 

虫歯ではなくても、歯槽膿漏が進行することで、こうした痛みにつながることがあるようです。

 

 

鼻づまりや鼻水が止まらないときって、鼻水を強くすすったり、思いっきり強く鼻をかんだり、

 

 

といったことをしたくなりますが、頭痛を悪化させる可能性があるので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

 

このほかにも、前頭祠に炎症が生じると、額や目の上に痛みが発生します。

 

 

構造上、膿が溜まりにくいため、比較的早い段階で治るようですね。

 

 

いずれにしても、頭痛、頭重感、頬の痛みなどが生じやすく、

 

 

頭部および顔面全体が痛む感じになり、極めて不快な状態になるわけですから、

 

 

こういう場合は、きちんと医師の診断を受け、薬を処方してもらって、早期に治療することが大事だといえますね。

 

副鼻腔炎や蓄膿症を体質から根治するアレルナイトプラスとは!?

 

Sponsored Links