「ガセリ菌でヨーグルトの作り方とは?」

 

ダイエットや便秘の改善のためによく使われるヨーグルトですが、なぜヨーグルトがお勧めれているかご存知ですか?

 

Sponsored Links

ヨーグルトには腸内環境を整えてくれる働きが非常に強いと言われているからです。

 

ヨーグルトでダイエット?乳酸菌は?

 

ヨーグルトにはビフィズス菌が多く含まれておりますので、腸の環境を整えて便秘を解消してくれる働きがあるのです。

 

しかし、ヨーグルトに含まれている腸内環境を整えてくれる成分というのは、ビフィズス菌だけではないのです。

 

『ガセリ菌』というものをご存知でしょうか?

 

実はこのガセリ菌も、非常に健康維持に重要な役割を果たしていると言われているのです。

 

なので今回は『ガセリ菌』について、詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、ガセリ菌の正しい摂取方法であったり、市販のヨーグルトに含まれるガセリ菌についてだったり、ガセリ菌の作り方などについて、詳しく解説していきますね。

 

ガセリ菌とは?

ガセリ菌とは、腸の中に多く存在している乳酸菌の一つです。

 

乳酸菌の中でも、このガセリ菌は特に腸まで届きやすく、腸内に滞在する時間が長い乳酸菌だとして非常に注目されているのです。

 

そんなガセリ菌ですが、腸内環境を整えて便秘の改善効果があったり、免疫力を高めて体調を崩しにくくしてくれる働きがあったり、ダイエット効果が出やすい体を作ってくれたりと、様々な働きを持っています。

 

乳酸菌は、基本的に口から摂取した場合には腸まで届きにくいと言われております。

 

しかしこのガセリ菌は腸まで届きやすいと言われており、しかも腸の中で最大90日間も滞在し続けると言われているのです。

 

そのため、健康を維持するためにも非常に効果的で、且つ長く働き続けてくれる便利な成分という事なのです。

 

ガセリ菌は胃酸や胆汁にも強いと言われておりますので、それも腸まで届きやすい要因の一つと言えますね。

 

ガセリ菌の効率的な摂取法とは?

ガセリ菌の摂取法としてはやはりヨーグルトを食べる事が最も効果的です。

 

ただ、ヨーグルトにも様々な種類があります。

 

ガセリ菌が入っていないヨーグルトも数多くありますので、しっかりとガセリ菌が含まれているヨーグルトなのかを確認してから購入するようにしてくださいね。

Sponsored Links

 

また、ガセリ菌入りのヨーグルトはできるだけ毎日食べなくては効果を得ることはできないと言われております。

 

少量のガセリ菌が腸に届いたとしても90日近く滞在させるにはある程度の量が必要になってきますので、できるだけ毎日ガセリ菌を腸に送り込んであげるようにしましょう。

 

また、ガセリ菌を定期的に摂取し続けると内臓脂肪を減らしてくれる効果が現れるとも言われております。

 

内臓脂肪が減少することによってもちろん体脂肪率も体重も減少しますし、ウエストも細くなりますので、ダイエットを行なっている方にもオススメです。

 

1日200g、ガセリ菌が含まれたヨーグルトを12週間継続して食べ続けたところ、内臓脂肪が平均で4.6%も減少したという実験データもあるのです。

 

なので、できるだけ長期間継続してガセリ菌を摂取するように心がけてみることをオススメします。

 

市販ヨーグルトの増やし方とは?ガセリ菌の作り方とは?

市販ヨーグルトの増やし方についてご紹介していきますね。

 

まず、密閉可能なタッパーとスプーンを一度、しっかりと熱湯消毒していきましょう。

 

ヨーグルトは菌が非常に重要なので、無駄な菌が入らないように徹底する必要があります。

 

消毒が終わったら、牛乳500mlをレンジで約4分ほど加熱していきます。

 

加熱しましたら、そこにガセリ菌が含まれたヨーグルトをティースプーン5杯くらい入れてかき混ぜていきます。

 

かき混ぜたら、タッパーをタオルでしっかりと巻いて保温します。

 

その状態で約10時間くらい発酵させていきましょう。

 

10時間経過したら一度確認します。

 

もし、表面が固まっていれば冷蔵庫にいれて冷やしていきましょう。

 

そして全体が固まるまで冷蔵庫で冷やしてあげれば完成となります。

 

このような方法で、簡単にヨーグルトを増やしていくことが出来ます。

 

しかし注意点もありますのでしっかりと確認しておいてください。

 

まず、発酵途中の固まっていない段階では絶対に食べないようにしてください。

 

冷蔵庫で冷やし、全てが固まってから食べるようにしていきましょう。

 

そしてもし、全てが固まった状態でも変な臭いがした場合には食べないようにしてください。

 

お腹を壊す可能性があります。そして、これは市販のヨーグルトを種菌として増やしていく方法な訳ですが、その種菌となるヨーグルトの賞味期限が切れていないかもしっかりと確認することをオススメします。

Sponsored Links