アレルギー性鼻炎の薬!強い順?ジェネリックは?

 

 

アレルギー性鼻炎や花粉症に

悩まされている人にとっては、

 

Sponsored Links

 

毎日のように、この苦しみから

一刻も早く解放されたい!

と願っていますよね。

 

 

花粉症で吐き気や頭痛、めまい?薬で治療できるの?

 

 

こうした、つらい症状に効く薬って

どんなものがいいの?

 

 

昨今、いろいろと出回っている

ジェネリック医薬品はどうなの?

 

 

薬はやっぱり“強い“順で欲しい!?

【アレルギー性鼻炎とは】

花粉やハウスダストをはじめ、鼻に侵入してきた異物に対して鼻の粘膜が過剰反応する疾患です。

 

 

個体差はありますが、

鼻水やくしゃみが止まらなくて、

つらい思いをしている人、

 

 

鼻づまりが続いて呼吸が苦しくて

たまらない人、大勢いますよね。

 

 

鼻づまりの解消!おすすめのグッズやツールは?

 

 

早くこの苦しみから解放されたい!

とか、早くこの、いつまでたっても

ズルズルと止まらない鼻水を止めたい!

 

 

とか、さらには、鼻水を体内から

すべて出し切りたい!

 

 

鼻づまりがひどい!イライラする!早く治す方法はないの?

 

 

と叫びたくなる気持ちは、

アレルギー性鼻炎持ちの私にも、

非常によくわかります。( ;∀;)

 

 

こうしたアレルギー性鼻炎に

効く薬ですが、やっぱり、即効性

という点でも、効果の強い薬が

ほしいですよね。

 

 

いろいろある中でも、一番“強い“のは、

 

 

やはり病院で処方される(病院でないと処方してもらえない)薬でしょう。( `ー´)ノ

 

 

その次に“強い“のは、

この処方薬と同じ成分を用いた市販の薬

★医療用から一般用医薬品にスイッチしたもの★

 

 

で、薬剤師がいる薬局で販売される

第1類医薬品であり、その後、

 

 

ある程度の期間が過ぎて第2類医薬品

に指定されていくと思います。

 

 

もっとも、そのころには新薬が

登場していると思いますので、

 

 

そうした“強い”薬が求められること

になりそうです。

 

 

なので、やっぱり、効く薬は強い順で、

ということになりますね。

 

※勿論、副作用などもしっかりと考慮する必要はありますね。( ゚Д゚)

 

ジェネリック医薬品は安いけど大丈夫?

でも、症状が長引くと、医療費や

薬代もけっこうかかります。

 

 

では、ジェネリック医薬品はどうなの?

 

【ジェネリック医薬品というのは】

先行して開発・認可され投入されている新薬の特許が切れて、厚生労働省の認可を経て製造・販売される後発医薬品のことです。

 

 

先行メーカーが投じた巨額の

開発費と開発期間に比べて、

 

 

後発医薬品ならば当然、これらを

大幅に低減・短縮することができますね。

 

 

しかも、こうした新薬は、医薬品として

Sponsored Links

認可・販売実績を上げていますから、

 

 

すでにその有効性や安全性も確かめられているとも言えます。(^^)/

 

 

もちろん、新薬と同様、薬事法に

基づく厳しい規制や基準に基づいて

製造・品質管理がなされます。

 

 

ですから、新薬と同じ有効成分を

持ち、同じ効き目で、しかも薬の価格を

かなり抑えることができるといわれるわけです。

 

 

このため、患者側としては新薬を

処方してもらう場合と比べて、

 

 

薬代(あるいは医療費)を抑えることが

できるのが大きなメリットです。

 

 

また、ジェネリック医薬品は、

新薬をベースに、扱いやすくしたり、

飲みやすくするなどの改良を

施すことが可能です。

 

 

病院で処方された薬において、

ジェネリック医薬品が販売されている場合、

 

 

薬局で薬剤師と相談することにより、

ジェネリック医薬品に変更することが可能です。

 

 

ただし、ジェネリック医薬品は、

 

 

“新薬と効き目や安全性が全く同じで、値段がすごく安い薬“ではありません。( ゚Д゚)

 

 

特許に関しては、有効成分そのもの

に対する特許(“物質特許”)が切れたもの

が対象になります。

 

 

添加物や剤形

(薬の形状、内部構造やコーティングの仕方など)

 

 

といった特許(“製剤特許”)や、

製法にかかわる特許は

切れているとは限りません。

 

 

ですから、ジェネリック医薬品では、

添加物や剤形に関しては、

特許に触れないように、何らかの

変更が必要になります。

 

 

この場合、新薬と比べて、有効成分

の分解のスピードが異なるなどの

現象が生じる可能性が出てきます。

 

 

場合によっては、

新薬をジェネリック医薬品に

してみたが、

薬の効き過ぎ=副作用

が出やすい、

 

 

または、

効果が感じられない=効かない、

といったことにもつながる

可能性があるわけです。

 

 

有効性についても、

新薬と全く同等であることが

保障されているわけではなく、

 

 

統計的に見て新薬と同じと判断してよい(>_<)

 

 

ということであり、

絶対に同じではないのです。

 

 

なので、ジェネリック医薬品は、

確かに新薬と比べて安価ですが、

こうした潜在的なリスクが潜んでいる

ことは知っておく必要がありますね。

 

 

花粉症やアレルギー性鼻炎に効果的といわれているジェネリック医薬品とは!?

アレルギー性鼻炎や花粉症に

効果的な薬といっても、

個人の症状や薬の効き方

(と効き具合の感じ方)によって、

 

 

処方薬あるいは一般用の医薬品

の選択肢は様々だと思います。

 

 

例えば、これらに効く薬の1つである

医療用医薬品「ジルテック」では、

 

 

その医療用成分「セチリジン塩酸塩」を

配合した様々な一般用医薬品

(ジェネリック医薬品)が登場していますし、

 

 

ジルテックを改良し眠気を抑えた

「ザイザル」、効果と眠気のバランス

をとった「タリオン」なども処方されています。

 

 

これについては、改めてまとめたいと思います。

Sponsored Links