過敏性腸症候群のガスはサプリや食事で改善?

 

 

お腹にガスが溜まって苦しくなったり、腹痛や便通がいつもと違う…

 

Sponsored Links

 

と感じた方は「過敏性腸症候群」(IBS)の可能性が高いです。

 

 

基本的に過敏性腸症候群の大半の原因がストレスによるものだといわれています。

 

 

過敏性腸症候群の症状とは!?

過敏性腸症候群は基本的にお腹にガスが溜まる以外にも

 

 

■ストレスや不安を感じることで発症する下痢

※男性に多く、出勤や通学時に発症するケースが多いです。

 

 

■お腹に違和感があって、下痢と便秘が交互に現れる

 

 

■便秘が数日間続いてしまい、コロコロ便になってしまう

※男性よりも筋肉量が少ない女性に多いです。

 

 

といった症状が挙げられます。過敏性腸症候群は大体、

 

 

思春期~40代・50代に多くみられます。

 

 

逆に60歳以上の高齢者の方には少ない病気とされています。

 

 

しかし、近年、小中学生にも過敏性腸症候群がみられ、中でも進学校に通う学生に多くみられるそうです。

 

 

日本人の約10%が過敏性腸症候群とされており、女性の割合が男性よりも約3倍多いされています。

 

 

過敏性腸症候群の症状が酷い方だと日常生活に支障をきたすほどとされています。

 

 

というのも、想像以上に精神面へと影響を与えてしまうのです。

 

 

例えば、いつ下痢が発症するか分からない恐怖があるということで、

 

 

ショッピングをする際には、トイレの位置を絶対的に把握する必要が出てくるのです。

 

 

また、ガスの匂いに困っている方は「周囲に迷惑をかけてしまう」という思いから、

 

 

日常生活を送るのが困難なほどメンタル面に悪影響を及ぼしていることもあるのです。

 

 

最悪の場合、うつ病を発症させてしまう可能性もあるのです( ゚Д゚)

 

 

過敏性腸症候群の症状を色々と紹介しましたが、

 

 

過敏性腸症候群は基本的には心理的なストレスによるもので、

 

 

約85%以上の過敏性腸症候群の患者さんが、

 

 

何等かのストレスを抱えている。

 

 

といわれています。

 

 

 

特に最近の研究によると腸と脳には密接な関係があるとされており、

 

 

腸内には脳と同じような神経が多数分布しており、

 

 

これらは自律神経とも繋がっています。

 

 

ですので、プレッシャーや不安といったストレスを感じてしまうと、

 

 

自律神経を通して、脳がストレスを感じてしまいます。

 

 

過敏性腸症候群の方だと、こういった少しのストレスでも敏感に反応してしまいます。

 

 

こいったストレスを解消していくためには

Sponsored Links

 

 

ヨガや瞑想、アロマ、マッサージ、ゆっくりな腹式呼吸をすることがポイントとなりますね。

 

 

実は心的ストレスだけが過敏性腸症候群の原因ではない!?

さきほど、過敏性腸症候群の原因に関して、ストレスが大半を占めるといいましが、

 

 

近年、アメリカの研究では

 

 

約40%の過敏性腸症候群の方が腸内細菌に原因がある

 

 

ということが判明したのです。

 

 

特にガスが溜めりやすくて臭いがきつい方は、

 

 

呼気にメタンガスの成分が豊富に含まれているのです。

 

 

つまり、腸内に悪玉菌が大量に繁殖していることが分かります。

 

 

腸内に悪玉菌が増えると、長時間下痢が続くこともあります。

 

 

これは、体内の有害な物質を排出させようとするための防御反応となります。

 

 

腸内の水分量を増加させて有害な物質を排出させようとするのです。

 

 

過敏性腸症候群の治療法や食事法とは!?

過敏性腸症候群を治すためには各々の症状に合わせた治療が大切となります。

 

 

例えば、

【ガスが溜まりやすく・便秘気味な方】

運動をして交感神経を優位に立たせて、

 

その後は十分な休憩と栄養補給をおこない副交感神経を優位にするなど、

 

自律神経を鍛えることが大切となります。

 

 

特にガスがひどい方は食事を改善することも大切となります。

 

 

具体的には

■1回の食事の量を減らす

■食物繊維を多く摂取する

■過敏性腸症候群の症状を悪化させるカフェイン・アルコール・乳製品・タバコなどの摂取は控える

 

 

食物繊維の中でも、水溶性の場合は、腸と消化の運動を調節してくれます。

 

 

ただ、食物繊維に関しては、個人の体質によっては合わない場合があるので、注意が必要ですね。

 

 

特にトランス脂肪酸と飽和脂肪は過敏性腸症候群を悪化させてしまいます。

 

 

ですので、オリーブオイルなどの健康的な脂肪を摂取するようにしていった方がいいですね。

 

 

【過敏性腸症候群のガスの量や臭いを軽減する方法】

ガスの発生量や臭いを軽減するためには、腸内の善玉菌を増やすことが大切となります。

 

 

基本的に腸内に悪玉菌が優勢になってしまうと、

 

 

有毒ガスを発生してしまうので、臭いやガスの発生量が多くなります。

 

 

ですので、腸内の善玉菌を優勢にするために、

 

 

ビフィズス菌といった乳酸菌の摂取が重要となります。

 

 

こういった乳酸菌はしっかりと腸内まで届かせる乳酸菌サプリメントの摂取をおススメします。

 

過敏性腸症候群の予防におすすめできる乳酸菌革命とは!?

 

乳酸菌革命以外にもおすすめできる乳酸菌サプリメントTOP3

 

Sponsored Links