子供や妊婦が花粉症で吐き気!対処法や治療法は?

 

 

花粉症と聞くと、思わずため

息が出てしまう方も多いと思います。

 

Sponsored Links

 

普通の成人でもうんざりな

気持ちになるのですから、

 

 

ちゃんと症状を伝えられない

子供や、お腹の赤ちゃんに配慮する

必要がある妊婦はさらにつらい!

 

 

鼻水、鼻づまりやくしゃみ、

目のかゆみなどに加え、

吐き気を催すことも!

 

 

花粉症には、どういう対処法

や治療法があるのでしょうか?

 

 

原因や症状とともに、どんな方法があるのかをまとめてみました。( `ー´)ノ

 

子供、妊婦の花粉症と吐き気とは!

主に3~4月を中心に、春は花粉症

の時期と言われ、

 

 

通勤・通学の大勢の人たちが

大きなマスクをして、あるいは

ゴーグルなどをかけて、

 

 

つらそうな顔で歩いていますよね。( ;∀;)

 

 

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉

が大量に飛散し、これが原因となって、

以下のような症状を発症させてしまいますね。

 

 

■くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ・

■充血、涙目、あるいは喉

■皮膚のかゆみなどのアレルギー症状

※“季節性アレルギー性鼻炎“とも言われていますね。

 

 

喉が痛んだり咳き込むように

なることもあり、症状がひどく

なってくると、

 

 

喘息のような症状を起こして

ひどくせき込んだり、集中力も

低下するし、

 

 

日常生活にもいろいろと支障をきたしますよね。

 

 

また、大人だけではなく、

子供が花粉症にかかるケース

は年々増えており、

 

 

花粉症の“若年化”が進んでいます!!

 

 

子供は、鼻の穴が大人よりも

小さいので、その分、くしゃみより

も鼻づまりが症状として多いそうです。

 

 

鼻水も、大人の場合は粘り気のない

サラッとしたものですが、

子供は少々ネバネバした鼻水が

多いといわれていますね。

 

 

また、子供の場合、目がかゆいと

我慢できずに目の周りを

ゴシゴシこすったりかいてしまいます。

 

 

すると、充血したりまぶたが腫れたり、

あるいは外で遊ぶ機会が多い分だけ、

花粉を吸い込んだり飲み込んだりして、

 

 

これがもとで下痢や腹痛、吐き気につながったりすることもありますね。( ゚Д゚)

 

子供が花粉症で鼻や目を

ゴシゴシこすったり、くしゃみを

連発したりしているのは、

見ていて、とてもかわいそうですよね。

 

 

妊婦さんにとっても、花粉症は

つらい症状の一つです。

 

 

妊婦さんの場合は、お腹の赤ちゃんへ

の影響が心配されるので、薬の使用に

対しては慎重にならざるを得ません。

 

 

妊娠中は体の免疫力が低下しますし、

ホルモンのバランスが大きく変化する

ために病気にもかかりやすいです。

 

 

こういう時期に鼻炎や花粉症に

かかると、症状が強まったり悪化

Sponsored Links

したりしやすくなり、吐き気を

催したりするわけです。

 

 

花粉症でくしゃみが続くことで

お腹が張りやすくなるため、

そのへんも体調不良と吐き気に

つながるかもしれません。

 

 

花粉症に対する良い対処法や治療法は何?

花粉症対策としてはどうしたらよいの?

花粉症はアレルギー性疾患の

一種なので、

 

 

アレルギーを起こしやすいものには接しないことが一番良いわけです。

 

 

花粉は特に天気の良い日の午後や、

風の強い日は空高く舞い上がって

飛散しやすいので、外出時は

その辺に気を付けながら、

 

 

マスクやゴーグルを着用し、花粉を吸い込まないようにすることが大切ですね。

 

 

つばの大きな帽子をかぶったり、

花粉の侵入をブロックするスプレー

なんかも効果的かもしれません。

 

 

子供は、天気の良い日は外で

元気いっぱい遊びたいものです。

 

 

遊んでいるうちはあまり気にしないで

済んでも、家に帰ってきた後の症状が大変!

 

 

ということにならないように、

しっかり対策を施して、

帰宅したら服に付着している

花粉を良く払い落とし、

 

 

手洗いやうがいも欠かさずに行いましょう。習慣にしてしまえばいいんです。( `ー´)ノ

 

 

それから、部屋の掃除も忘れては

いけませんね。

 

 

これらの対策は、もちろん

妊婦さんにも当てはまります。

 

 

なんと、体内への吸収率が低い

点眼薬などもあるので、

 

 

それらを併用することで症状を緩和させたり、飲み薬でも使用量を減らして服用するといった方法もありますね。

 

 

ただ、体内の赤ちゃんへの

配慮が必要なので、

薬の服用に関しては医者に

相談したほうが良いと思います。

 

 

生活習慣や体質改善で免疫力をアップ!

花粉症は、花粉(という異物)に

対する過剰反応というアレルギー

性疾患の一種ですから、

 

 

花粉症を軽減したり抑えたりする

には、体の免疫力を強化することで、

アレルギー反応を起こしにくく

してあげればいいわけです。

 

 

免疫力のアップには、体に優しい

乳酸菌や健康茶などの摂取が有効でしょう。

 

例えば、花粉症による鼻づまりには、

飲むだけで眠くならずに鼻の通りを

快適にしてくれる

 

 

「えぞ式すーすー茶」がおススメです。

 

 

また、アトピーや花粉症の改善、風邪の

予防などに効果的で、

 

 

整腸作用も備えている“L-92乳酸菌”を

配合したサプリメント「アレルケア」は、

 

 

食べ物アレルギーの方でも安心して摂取できるのが大きな特徴です。

 

 

これらを日々摂取し、生活習慣を改め、

体質改善に取り組むことで、花粉症を

 

 

はじめとするアレルギー性疾患にもかかりにくくなり、発症しても軽度で済むようになっていくでしょう。(^^♪

 

 

ひいては充実した健康な

日常生活を楽しめるように

なっていきますね。(^^)/

Sponsored Links