乳酸菌でコレステロールや血糖値を下げるには!?

 

 

 

ここのところ、コレステロールや

血糖値を下げる、ということが

世間で注目されています。

 

Sponsored Links

 

 

スーパーやコンビニでよく見かける

「コレステロール○%カット」という文字。

 

 

 

皆さんも見かけたことがある

のではないでしょうか?

 

 

 

または意識、されている方、

いらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

コレステロールには

悪玉(LDLコレステロール)善玉(HDLコレステロール)の二種類

がありますが、

「実はこの二つのコレステロールはともに体にとってはとても大切なものです。」

 

 

 

 コレステロールと健康の関係性とは!?

適量を摂取してなければ、

ビタミンの体内吸収率はあがり、

また血管を補強するという役割

を担いますが、

 

 

 

コレステロール値の高い食品を摂取し、

でも、消費しないという生活習慣を

繰り返してしまうと、コレステロールを

体内に溜め込んでしまいます。

 

 

 

 

そして、その結果、脳や神経、

血管にこびりついてしまい、

血液の循環が悪くなり、

動脈硬化や脳梗塞など、

深刻な病気を引き起こして

しまうのです。

 

 

 

 

そんなコレステロールですが、

飽食な現代社会においては

調整をしながら食事を摂ること

がなかなか難しいため、

コントロールをすることができない人

が多く見受けられます。

 

 

 

その結果、糖尿病や高血圧症など

の「生活習慣病」を発症する方

が年々ふえています。

 

 

 

生活習慣病の怖さとは!?

生活習慣病とはまたの名を

「サイレントキラー」と呼ばれて

いますが、その理由とは、

 

 

「本人の自覚症状のないまま病気は進行し、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまい亡くなってしまうからだと言われています。この生活習慣病は、年々深刻になり、糖尿病、高血圧症、高脂血症を患う人は増え、また、生活習慣病をベースにして起こる病気としてガンや心疾患、脳梗塞も合わせて増加しています。」

 

 

そんなコレステロールに対抗できるのは、実は乳酸菌なのです。

 

 

 

「乳酸菌ってすごくないですか??」

 

 

 

ご存知でしたでしょうか?

 

 

「乳酸菌は、腸内の余分な悪玉コレステロールを外に出す働きがあり、また、乳酸菌の表面にはコレステロールを吸引する力があって、腸などが悪玉コレステロール等を吸収してしまうその前に吸収して便と一緒に排出するのです。」

 

 

「どうですか?くだいですが、乳酸菌ってすごくないですか!?(;’∀’)」

 

 

普段から脂肪分の多くて

コレステロールの高めの食事

をしている人は、乳酸菌を

意識しながら補充するよう

心掛けると良いのではないか

と思います。

 

 

 

コレステロールや血糖値などが関係している生活習慣病の詳細

生活習慣病は主には食事のとり方、

休養の仕方、水分の摂り方など、

色々な要素が集まり、病気を

発症することになりますが、

 

 

 

特に、食事のとり方によって

大きく影響してきます。

そして、食生活でも、

コレステロールや血糖値は

非常に関係してきます。

 

 

 

そこで、コレステロールや血糖値が上がるとどうなるか、ご紹介しましょう。

 

 

・コレステロールが上がるとどうなる?

 

 

先ほども述べたように、コレステロールは

人間の体に欠かせない脂質のひとつ

ですが、増えすぎると血管壁に蓄積し、

動脈硬化の原因となります。

Sponsored Links

 

 

 

 

特に悪玉(LDLコレステロール)が血中で

過剰に増えるとコレステロールが血管壁に

蓄積し、血管を詰まらせたり、動脈硬化

を進行させます。

 

 

 

そんな動脈硬化ですが、動脈硬化

そのものには自覚症状がないのですが、

ある日突然、人によっては心筋梗塞や

脳梗塞を起こし、初めて動脈硬化に

気づくということもあるようです。

 

 

 

「最悪の場合では、治療を受ける機会のないまま、突然亡くなる方もいらっしゃいます」

 

 

 

 

・血糖値が上げるとどうなる?

血糖値とは血液中に含まれる

血糖の量のことを言い、血糖値が

上がってしまうと、様々な問題を

引き起こします。

 

 

 

その中でも最も注意すべきことは、

糖尿病の発症です。糖尿病とは

血糖が高い状態が長く続き、

自覚症状のないまま発症をすることが

あります。

 

 

 

そして、一度、糖尿病になってしまうと、

完治することはほぼ不可能で、

生涯付き合っていかなくては

いけませんから、血糖値のコント

ロールをすることはとても重要となってきます。

 

 

 

糖尿病には様々な症状がありますが、

失明や四肢の先端に起こる壊死も、

血糖値が上がることによって、血中に

大量に含まれる糖分が異常なタンパク質

へと変わり、毛細血管に詰まりヘドロ状態

になって起こった血管障害が要因となります。

 

 

 

乳酸菌がコレステロールや血糖値を下げる理由とは

それでは、なぜ、乳酸菌が

コレステロールや血糖値を下げるのか

その理由についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

「乳酸菌といえば、ヨーグルトですが、その乳酸菌は、体内に摂りこむことで乳酸を作り出します。

 

その後、この乳酸が体内で蓄積されたコレステロールに付着します。また、腸を刺激するので、活発な運動を促進し、腸の中に水分を取り込み、便を軟らかくし排便をしやすくなります。

悪玉菌の増殖を抑え、その結果、腸内環境が整い、便通が改善します。」

 

 

 

これが、乳酸菌がコレステロールや

高くなった血糖値を下げる効果と

言われています。

 

 

 

また、胆汁酸を分解する働きもある

ため、肝臓では分解された胆汁酸を

作るため、コレステロールを消費する

ことによって、さらに悪玉コレステロール

を減らすというしくみにつながるのです。

 

 

 

そこで、コレステロール値と血糖値を

下げる方法を簡単に下げる方法を

ご紹介しましょう。

 

 

 

それは、ヨーグルトを一日100グラム摂取することです。

 

 

 

 

ヨーグルトでも使用している乳酸菌の

種類が多いので、とりあえず2週間、

同じ種類のヨーグルトを摂り、自分に

合った、乳酸菌を探しましょう。

 

 

 

 

「そして、食物繊維とオリゴ糖も一緒に摂ることをお勧めします。整腸作用もあり、血液がサラサラになります。」

 

 

 

乳酸菌でコレステロールや血糖値が

下がる方法についてかなり詳しく

書きましたの参考になりますと幸いです。

 

 

 

最近は、飽食の社会であり、自身で

正しい食生活や生活習慣を送ること

は容易ではありません。

 

 

 

好きなものを好きなだけ食べる

のではなくて、自身で正しい食事の

知識を身に着け、さまざまな食材を

とるようにした方がいいですね。

 

 

 

 

また、睡眠、運動にも気を遣うことに

よって、血糖値やコレステロールの

上昇を抑えることになりますので、

自身でコントロールをしていきましょう。

 

 

 

そして、その際には、乳酸菌も忘れずに摂取することが重要となりますね。

 

Sponsored Links