「過敏性腸症候群の薬で市販は?コロネルはどう?」

 

過敏性腸症候群は、主に自律神経の異常やストレスによって発症すると言われております。

 

Sponsored Links

 

発症すると、下痢や便秘が頻繁に起こるようになってしまったり、

 

 

お腹に張りを感じておならがとまらなくなり、

 

 

無意識のうちにおならが出てしまうという症状が出てきてしまう場合もあると言われております。

 

 

しかし、過敏性腸症候群は、食生活や運動習慣、

 

 

そして薬を服用することによってある程度症状を抑えることが可能だと言われております。

 

 

過敏性腸症候群の食事法とは!?

 

 

ですので、過敏性腸症候群の薬について紹介していきますね。

 

 

過敏性腸症候群の薬で市販はどう?

過敏性腸症候群には様々な症状があり、症状の重さも人によって異なります。

 

 

さほど症状が重くない場合であれば市販の薬を用いることで症状を抑えることは可能です。

 

 

しかし、長期間薬を服用し続けてしまうと、

 

 

体に負担をかけることになり、副作用を引き起こす可能性も出てきますので注意しましょう。

 

 

過敏性腸症候群に効果的な市販薬として、まず挙げられるのが『下痢止め』です。

 

 

最近は、市販の下痢止めにも様々なものがあり、腸の中を殺菌してくれる効果がある下痢止めや、

 

 

腸の運動を抑制してくれる働きがある下痢止めなどの効果がある下痢止めが売られております。

 

 

特に、腸内の運動を抑制してくれる働きのある下痢止めは、下痢止め効果が非常に強く、

 

 

即効性もあると言われているので過敏性腸症候群にも効果的だと言われております。

 

 

そして、『便秘薬』も過敏性腸症候群に効果的だと言われております。

 

 

ですが、市販の便秘薬は基本的に一時しのぎでしかないと言われております。

 

 

なので、便秘や下痢が改善されない場合には出来るだけ病院に行って診察を受けるようにしてください。

 

過敏性腸症候群は薬で治療?治し方は?下痢止めのおすすめは?

 

 

過敏性腸症候群の薬でコロネルはどう?

過敏性腸症候群に効果的な薬の中に、コロネルという薬があります。

 

 

過敏性腸症候群によって下痢が引き起こされた場合、

 

 

このコロネルを服用することによって改善することが出来ると言われております。

Sponsored Links

 

 

下痢になっている時というのは、腸の異常が起きていて便の水分量が過剰になってしまっています。

 

 

コロネルを服用することによって、コロネルに含まれる高吸水性ポリマーという物質が、

 

 

水分を吸い取ってくれる働きがあるので、下痢の症状を改善してくれるというわけなのです。

 

 

ですから、どうしても下痢が治らないときにはコロネルを服用することによって、

 

 

水分を吸収させて便を硬くすることができるということです。

 

 

コロネルを服用すると、腸内の水分量を減少させることになりますので、

 

 

腸にある食物の通過時間を遅くさせる働きもあると言われております。

 

 

それによって、排便回数を減らすことができるということなのです。

 

 

しかし、お分かりの通り、排便回数を減らすのは下痢の症状が現れているときには効果的ですが、

 

 

そうでない時には便秘の原因となってしまいますので、自分の体調を見極めながら服用していく必要があります。

 

 

過敏性腸症候群の薬の副作用は大丈夫?

過敏性腸症候群の薬を長期間服用し続けてしまいますと、

 

 

副作用が出てくる可能性があるので注意しなくてはなりません。

 

 

例えば、発疹などのアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

 

この症状が出た場合にはすぐに服用をやめて、病院に行くようにしてください。

 

 

また、発疹のように症状が明らかにわかる物ではないのですが、喉が渇いたり、

 

 

尿がなかなか出なくなったりするのも過敏性腸症候群の薬による副作用である可能性があります。

 

 

また、それに加えて目がかすんだり、吐き気を催したりした時には、

 

 

副作用の症状である可能性が非常に高いので、

 

 

すぐに服用を中止して病院に行くようにしましょう。

 

 

副作用が出る前に服用を中断することも重要ですが、それ以上に使用上の注意をよく読んで、

 

 

正しく服用していくということも非常に大切です。

 

 

過敏性腸症候群の薬以外にも言えることですが、服用する時には基本的に常温の水で服用するようにしていきましょう。

 

 

そして、コップ一杯分くらいの十分な量の水と一緒に薬を服用していきましょう。

 

 

少量の水ですと、しっかりと薬が流れていかない可能性がありますので、

 

 

気をつける必要がありますね。

 

市販の薬よりもIBSを体質改善から治す乳酸菌サプリメントは?

 

薬の副作用の心配がない評判良い乳酸菌サプリTOP3はこちら!

 

Sponsored Links