ノロウイルスはみなさんもご存知の通り、急性胃腸炎や食中毒などを起こすウイルスの一種です。

 

 

これは古くから存在しているウイルスで、日本において有名になったのは、

 

Sponsored Links

 

高齢者施設から集団感染者が出たのがマスコミで報道されてからです。

 

 

ノロウイルスにラクトフェリンが効果的!?

 lactoferrin-kouka

 

この危険なウイルスにかかったら、下痢や嘔吐、腹痛や頭痛に悪寒・発熱などの諸症状が重なるため、とても苦しいです。

 

 

そうなる前に予防できる方法があり、『ラクトフェリン』というものを摂取することです。

 

 

ラクトフェリンとは母乳や汗、唾液や涙などに含まれる成分で、鉄分と結合しやすい糖たんぱく質です。

 

 

特に赤ちゃんがお母さんから初めてもらう乳(初乳)にたくさん含まれるラクトフェリンは、

 

 

赤ちゃんの免疫力を上昇させ、生後間もないときの健康維持に欠かせない重要な成分の一つであります。

 

 

このおかげで赤ちゃんは感染症などの病気に強くなり、

 

 

生まれて間もない頃のか弱い時期を力強く生きていけるようになるのです。

 

 

大人である私たちも、この成分を含んだ食品やサプリメントを摂取することで、

 

 

体に良い効果をもたらしてくれるのです。

 

 

実際にある研究機関で実施された研究により、

 

 

体への有効作用・ノロウイルス予防効果は科学的に証明されていますね。

 

 

ノロウイルスは体内に摂取されると、小腸や十二指腸などの部分で増殖します。

 

 

十二指腸はすい液や胆汁などの消化液を食物に混ぜ、小腸へ送る働きをしています。

 

 

小腸は粥状になった食物から栄養分の吸収と輸送を担当しています。

 

 

そういった重要な働きをする部分の表面の細胞に、ノロウイルスはさっと入り込み、それらの機能を壊してしまいます。

 

 

さらには水分や塩分を調整する機能まで壊されてしまい、

 

 

下痢や嘔吐などの非常に苦しい症状に見舞われてしまうのです。

 

 

しかし、このラクトフェリンを摂取してそれが腸まで到達すれば、腸内の表面に付着しバリア効果を発揮してくれます。

 

 

またノロウイルス自体にもラクトフェリンの変化した物質が取りつき、細胞にウイルスが侵入するのをガードしてくれます。

 

 

また、ラクトフェリンには免疫力を活性化させる作用があります。

 

 

赤ちゃんに母乳を飲ませることが大切なのは、そのような理由からでもあります。

Sponsored Links

 

 

免疫力が向上するということは、インフルエンザなどのノロウイルス以外の病気にも強くなれるということです。

  

 

腸は人間にとって大事な器官です。

 

 

ここが丈夫なら、生命維持・健康維持に必要な栄養や水分をきちんと吸収でき、日々を健康に力強く生きて行けます。

 

 

ラクトフェリンは子供でも飲める!?

 lactoferrin-kouka

 

このように体にいいラクトフェリンですが、赤ちゃんのときは母乳から摂取できていましたけど、

 

 

成長してからは食物から取り入れなければなりません。

 

 

ラクトフェリンが含まれる食品には様々なものがあります。

 

 

チーズや牛乳などの乳製品全般には、ラクトフェリンはたんぱく質の一種ですので必ず含まれています。

 

 

しかし、残念なことに熱に弱い性質があり、加熱処理をした食品にはあまり残っていない状態となっています。

 

 

加熱処理をしていないゴーダチーズなどのナチュラルチーズには、それなりの量が含まれていますが、

 

 

それでも腸内をカバーできるほどの量ではありません。

 

 

よって、ラクトフェリンを意図的に付加した食品を積極的に摂取する必要があります。

 

 

ラクトフェリンを添加した食品を最初に開発・販売したのは、森永乳業です。

 

 

ヨーグルト・粉ミルク・スキムミルクなど、子供でも飲みやすい商品のラインナップです。

 

 

この中でも、ヨーグルトや粉ミルクは甘いので、日頃から食べたり飲んだりしていくのに差し障りはないでしょう。

 

 

ただし、アレルギーを持ったお子さんは摂取できませんので、その他の手段を考える必要があります。

 

 

一番効率よく摂取できるのは、成分がぎゅっと詰まっているラクトフェリンのサプリメントです。

 

 

手軽にかつ効果が期待できる代物ですが、値段が高くなります。

 

 

また、添加物や薬品などが商品によっては含まれますので、

 

 

そういった物質に体が弱いお子さんはきちんと商品を選択する必要があります。

 

 

ラクトフェリンはもともと母乳に多く含まれる成分ですので、

 

 

アレルギー物質や添加物、薬品などに気を付けてあげれば、何も問題なく子供でも摂取できます。

 

 

そうして腸内環境を整えることで、病気にも強くなれますし、日々を元気に活発に過ごしていくことができるでしょう。

 

 

親御さんも子供の体調管理の一つとしてラクトフェリンを摂取してみることをおすすめします。

 

Sponsored Links