乳酸菌便秘に効く食べ物は?主婦の方必見です!

 

 

女性の多くが悩んでいるもの、それは「便秘」です。(―▼―)

Sponsored Links

 

特に、妊婦の方は普段よりもさらに

便秘がひどくなり大きな問題となっています。

 

 

それは普段の時よりも便秘に

なりやすい原因があるからで、

妊婦の約7割は便秘だそうです。

 

 

その要因は後からご説明をするとして、

最近、便秘解消法のひとつとして注目

され始めているもの、

【それは善玉菌である「乳酸菌」の力】

を利用するものです。

 

 

乳酸菌の重要性とは!?

 

私たちの腸の中には実に様々な

細菌が存在していますが、特に

善玉菌である「乳酸菌」は人間の体

を維持するためには欠かせないものの

一つで、主な役割は、腸内の良い菌を

増やし、免疫力やアレルギー症状の

改善、便秘解消を促します。

 

 

 

ですので、便秘の解消の為には、

自分の腸に善玉菌である「乳酸菌」を

増やすことが重要なキーポイント

となります。

 

 

 

善玉菌が増加すると悪玉菌が減少し、

腸内環境が改善され大腸の蠕動運動が

活発化してくるのです。

 

 

 

「結果として便秘が解消し、腸内をきれいな状態に保つことができるのです。」

 

 

そこで今回は、妊婦の方!必見です。

便秘にならないためにどうすればよいか?

便秘に効果的な方法をご紹介していきましょう。

 

 

まずは便秘になる原因を理解する♪

 

■妊婦の方が便秘になる原因 

それでは、まずどうして妊婦の方が便秘になるのでしょうか?

また、その原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

それは、さまざまな要因、妊娠の時期に

基づいて原因はありますが、共通することは、

もともと女性の体というのは、

 

 

「卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類のホルモンがバランス調整をしながら体を維持していますが、妊娠をすると、卵胞ホルモンが減少してしまい、黄体ホルモンのみしか活動せず、その結果、消化器系や胃や腸の働きを鈍らせてしまうことにより老廃物をためやすくなるのです。」

 

 

そして、徐々に胎児が成長してくると、

大腸が胎児によって圧迫されるようになり、

便秘の原因となっていきます。

 

 

それでは、妊娠の時期にについておこりうる便秘の原因についてご紹介していきましょう。

 

 

 

■妊娠初期の状態 

妊娠初期の便秘の原因については

主にいくつか挙げられますが、ここでは、

先ほど述べたホルモンバランスの乱れ

のほかに3つをご紹介しましょう。

 

ホルモンバランスが崩れてしまったり、

ストレスや疲労、運動不足などが挙げられます。

そして、最大の原因はつわりによる食生活の

変化があります。

 

 

「つわりは、気分がすぐれず、食欲がわかないため、食事を摂ることができず、便の量自体が減ります。」

 

 

また、妊娠初期は睡魔に襲われる

傾向にあります。

それは、妊娠すると「プロゲステロン」
という睡眠を促す物質が非常に多く

分泌され睡眠を多く取るため、運動量が減ります。

 

 

「乱れた食生活と運動不足、そして、つわりによって便秘となってしまいます。」

 

 

 

■妊娠中期の状態 

妊娠中期になると、これまで便秘を

していなかった人が急に、便秘を

するようになってきます。

 

 

その主な原因というのは、「プロゲステロン」

というホルモンが働きによるものです。

この「プロゲステロン」は、消化器系の

筋肉が衰えさせる機能をもっています。

Sponsored Links

 

 

また、お腹の中の胎児が大きくなることに

よって子宮も大きくなり、胃を圧迫し、

さらには子宮内に羊水として水を貯めようと

するので、摂取した水分が体内で不足し、

初期のつわりの影響で食欲不振となるため、

便の原料が不足し便秘グセがついてしまいます。

 

これが、妊娠中期の便秘の原因となります。

 

 

■ 妊娠後期の状態 

そして、妊娠後期になると、胎児が

大きく成長してくるため、子宮が腸を

圧迫し始めます。そのことにより、

排便が上手くいかず、便秘になります。

 

 

また、子宮が大きくなることにより、

「腸をはじめ様々な部位が圧迫されていくので、特に下半身の血流が悪くなり、痔になってしまい、排便のたびに痛みを伴うのでつい、排便を避けてしまわれる方が多いようです。」

 

 

■ 妊婦の方の便秘に効果的な食べ物 

便秘に効果的な食べ物ってなんでしょうか。

食物繊維が含まれている食材といえば、

野菜、果物、穀類、豆類、海藻、きのこなどです。

 

 

「野菜たっぷりパスタ」や「ミネストローネ」だと、

一度に多くの野菜を摂取することが出来るので、

これからの寒い季節に体も温まります。

 

 

また、乳酸菌が含まれている、ヨーグルト、チーズ、

キムチ、味噌なども効果的です。

 

 

「味噌汁」に野菜をたっぷり入れるのも

良いかもしれません。食物繊維効果で、

便のかさが増し便通を整え、また、乳酸菌効果で

整腸作用を高めることによって、

お腹をクリーンにスッキリさせましょう。

 

 

ですが、気をつけたいことは、いくら、

食物繊維、発酵食品が便秘に良いからと

いって、摂りすぎて栄養が偏ると、かえって

便秘になり栄養が偏ります。

 

 

糖質(ご飯、うどん、パン)やタンパク質(魚、肉、豆腐)、

脂質などもバランスよく食べることをお勧めします。

 

 

■妊婦の方の便秘解消法

妊婦の方の便秘の解消法について、

ここでは3つご紹介していきましょう。

 

「まずは規則正しい生活をすることです。」

 

早寝早起きを心がけ、特に食生活に

ついては、食物繊維をできるだけ多く摂り

 

 

「野菜中心のバランスの良い食事をとるように心がけましょう。」

 

 

また、妊婦は子宮に羊水を貯めるので、

他の部位に水分が取り込めず脱水症状に

なりますので、

 

 

こまめな水分補給を行いましょう。

 

 

また、良質な睡眠も必要です。

決められた時間に睡眠をとると体も

慣れバランスも取ることが出来るようになります。

 

 

 

二つ目は適度な運動をすることです。

 

 

適度な運動は腸の周りを動かすことに

より鍛えられ、排便を促します。

初めは1日30分でも良いのでウォーキング

からスタートしましょう。

 

 

そして、最期の3つ目は

 

 

「自分にあった乳酸菌を毎日とることです。」

 

 

これまで説明したように「乳酸菌」は3種類あり、

自分に合う合わない等ありますので、

まずは同じ「乳酸菌」を各二週間ずつ摂りながら自分に合う乳酸菌を見つけましょう。

 

 

 

妊婦が便秘になる理由のまとめ

 

妊娠した女性の約7割以上は便秘になるそうです。

規則正しい生活、バランスの良い食生活、

適度な運動や睡眠を心がけましょう。

 

またどうしても苦しい、辛いなと思ったら、

自分ひとりで抱え込むのではなく、

医師や専門機関に相談するとよいですね。

 

便秘が治らない!イライラやだるさを解消する方法とは!?

 

 

Sponsored Links