あなたは便秘になってしまった場合、どのようにして便秘を解消しようとしていますか?

 

 

Sponsored Links

もしくは、便秘にならないようにどのような予防をされていますか?

 

 

恐らく多くの方が、食生活を見直したり、運動をしたりして解消、もしくは予防されているかと思います。

 

 

便秘解消にチョコレートや豆腐、ざくろ酢やぶどうは?

 

 

もちろん、便秘の解消に食生活の改善や運動習慣の改善は非常に効果的だと言われております。

 

 

そこで今回は、食生活の改善と運動習慣の改善以外の便秘解消法である、

 

 

『ぬるま湯法』について解説していきますね。

 

 

便通を良くする飲み物!お茶やジュース、乳製品はどう?

 

 

絶対排便力、別名(ぬるま湯法)の準備編

c30e8c684d468578f5878aa50d8e9ffc

絶対排便力という言葉を聞いたことあるでしょうか?

 

 

この絶対排便力は別名ぬるま湯法とも言われております。

 

 

このぬるま湯法というのは、

 

 

腸にぬるま湯を入れることによって便意を催すことができるという一種の浣腸のようなものです。

 

 

ぬるま湯法の準備、方法について、以下に紹介していきます。

 

 

まず最初に、水道水を沸騰させていきます。

 

 

そして一度沸騰したら、体温と同じくらいの温度まで下げていきます。

 

 

体温と同じくらいのぬるま湯になったら、

 

 

そのぬるま湯を腸内洗浄器具やイチジク浣腸等の容器に入れていきます。

 

 

そして、大体2分から3分ごとにぬるま湯を50mlずつ、腸に注入していきます。

 

 

この時、腸に注入するノズルは、肛門から2〜3㎝ほど挿入されていればOKです。

 

 

ぬるま湯を注入したら、下腹部らへんを時計回りに優しくマッサージしていきましょう。

 

 

そうすることで、便意を催す可能性が非常に高まってきます。

 

 

もし便意を催したら注入をやめて、そのままトイレで排出してしまいましょう。

 

 

便意がこない場合は、引き続きぬるま湯を注入していきます。

 

 

ただし、注入するぬるま湯の量は多くても200mlまでにしましょう。

 

 

そして、ぬるま湯以外では決して行わないようにしてください。

 

 

宿便を出すには?マッサージや出す運動?大根や梅、りんごは?

 

 

ぬるま湯法の効果や腸内洗浄との違いとは

chounai

Sponsored Links

絶対排便力、別名ぬるま湯法は大腸を綺麗にすることができるため、

 

 

肌荒れや食欲不振、ストレス、吐き気、肩こり、倦怠感、などに効果的だと言われております。

 

 

そしてぬるま湯法には、便秘を解消するだけでなく、腸を綺麗にする効果もあるので、

 

 

老廃物や毒素を排出してくれるという効果もあると言われております。

 

 

そんなぬるま湯法ですが、腸内洗浄とはまた違うものだと言われております。

 

 

確かに腸内洗浄とぬるま湯法は非常に似ているのですが、

 

 

これら二つはそもそも目的が異なると言われております。

 

 

腸内洗浄の多くは、腸に留まっている滞留便を綺麗にすることが目的だと言われております。

 

 

しかし、ぬるま湯法の場合は腸内を綺麗にするのが目的ではなく、あくまで自立排便力の強化、

 

 

つまり自ら排便していく事ができる力をつけていく事が目的だと言われております。

 

 

なので、ぬるま湯法はどちらかというと、

 

 

自分の力で排便をするのを手助けする役割といった感じになるかと思います。

 

 

また、腸内洗浄は腸内の善玉菌まで排出してしまう可能性が高いと言われているのに対して、

 

 

ぬるま湯法は腸内の細菌に悪影響を与える事がほとんどないと言われているので、

 

 

安全に行う事ができるとも言われております。

 

 

善玉菌の多い食べ物!増やしたい方必見!増やし方とは?

 

 

ぬるま湯法の安全性や副作用とは

anzen

ぬるま湯法は、他の腸内洗浄と比べて比較的安全に行う事ができると言われております。

 

 

用いるものも薬品ではなくぬるま湯なので、体に害はありません。

 

 

そして注入していくぬるま湯の量も少しずつなので、特に依存性もありません。

 

 

そのため、ほとんど副作用がないと言われております。

 

 

ですから、先ほども説明したようにしっかりと方法を守って行う事が最も重要になってきます。

 

 

特にポイントなのが、体温と同じくらいの温度のぬるま湯で行うという事です。

 

 

冷たすぎたり暑すぎたりしてしまうと、

 

 

腸に負担をかけてしまう事に繋がりますので気をつけるようにしましょう。

 

 

そして、多くてもぬるま湯を注入する量は200mlまでに抑えるようにしましょう。

 

 

大量に注入してしまうと、腸内の善玉菌までを排出してしまう可能性が出てきてしまいます。

 

 

このぬるま湯法を上手く活用して排便力をつけていってください。

 

 

最終的にはぬるま湯法を使わずに排便していく力をつけていけるように、

 

 

運動習慣や食生活も整えていきましょうね。

 

 

《便秘に悩んでいる方は必見!》

乳酸菌サプリメントやオリゴ糖のおすすめはこれだ!

 

Sponsored Links