乳酸菌で赤ちゃんは?アトピーを改善できる?

 

 

基本的に産まれたばかりの赤ちゃんの腸内は無菌状態となっています。

 

Sponsored Links

 

ですが、お腹の外に出ることで無数の菌に触れることになるのですが、

 

 

赤ちゃん自体が乳酸菌に守られて生まれてきますので特に問題はないですよね。

 

 

というのも、赤ちゃんが乳酸菌に守られている理由として、

 

 

母親のお腹から生まれる過程で、菌を鼻や口から色々な菌を吸ってしまうのですが、

 

 

母親の母乳を摂取することで、腸内に善玉菌が定着することから、

 

 

乳酸菌によって守られているのです。(^^♪

 

 

赤ちゃんの中でも、よくアトピーなどのアレルギーといった症状を持って産まれてきてしまう子供も多いと思います。

 

 

その理由として、乳酸菌が不足していることが挙げられますね。

 

 

確かに十分な母乳を子供に与えることは赤ちゃんの乳酸菌の不足につながりますが、

 

 

元々、母親の腸内に乳酸菌が不足してしまっていると、

 

 

母乳自体の乳酸菌も不足しがちになってしまいますよね。

 

 

ですので、赤ちゃんへの乳酸菌を増やすためにも、

 

 

母親が積極的に乳酸菌を摂取することも大切となります。

 

 

授乳中でも飲める乳酸菌サプリメントやオリゴ糖はこちら!

 

 

赤ちゃんの腸内環境はどのように変化するの??

baby

基本的に赤ちゃんは生後5~7日間ほどに関しては、

 

 

腸内細菌の大半がビフィズス菌という善玉菌で占めているのです。

 

 

なんと、赤ちゃんの腸内の約90%がビフィズス菌となるのです( `ー´)ノ

 

 

ただ、離乳食が始まってしまうと、色々な細菌が増えることから、

 

 

約1歳くらいを境に腸内のビフィズス菌が約半数ほどに減少してしまいます。

 

 

とはいっても、まだまだ善玉菌が優勢ですが、

 

 

その後は年齢とともにビフィズス菌が減少してしまい、成人を迎えると、

 

 

なんとビフィズス菌が約10~20%ほどまでに減ってしまうのです。

 

 

ビフィズス菌以外の菌が優勢になってくるのです。|д゚)

 

 

赤ちゃんが乳酸菌を摂取することで得られる効果とは!?

baby

母乳から乳酸菌を得られている赤ちゃんであれば、腸内環境が善玉菌で溢れているといえますが、

 

 

市販のミルクだと

 

 

赤ちゃんの腸内の乳酸菌に関して、善玉菌が約10倍ほどにに増加してしまうのです。

 

 

このような状態になってしまうと、病気にかかりやすくなってしまいますよね。

 

 

ですので、どうしても粉ミルクになってしまう方は、乳酸菌が不足しないように、

 

 

ヨーグルトなどで乳酸菌を十分補給していくことが大切となります。

 

 

なんと、「L-92乳酸菌」を1日にたった20㎎継続的に摂取するだけで、

Sponsored Links

 

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を改善できた

 

 

ということも最新の研究データで判明しているのです。

 

 

「L-92乳酸菌」とは、カルピス株式会社が開発したものです。

 

 

赤ちゃんとアトピー性皮膚炎の関係性とは!?

baby

本来、人間には2種類の免疫細胞があります。

 

 

①外部から侵入した細菌を守る免疫細胞

 

②アレルゲンを排除しようとうする免疫細胞

 

 

が挙げられます。

 

 

この2つのバランスがとれることで、免疫反応を抑制しているのですが、

 

 

ただ、生活環境や食生活の変化によって、

 

 

免疫細胞のバランスが崩れてしまう可能性があります。

 

 

特にアレルゲンに対抗する免疫細胞が過剰に働いてしまうと、

 

 

色々なアレルギー症状を発症させてしまうのです。

 

 

赤ちゃんの場合であれば、普通は出産とともに、2つの免疫細胞のバランスがとれた状態で産まれてきます。

 

 

ですが、何らかの原因で「②アレルゲンを排除しようとうする免疫細胞」が強いまま産まれてくることで、

 

 

乳児期にアトピーが発症してしまう傾向にあるのです。

 

 

とはいっても、約1~2歳半ほどで一般的には免疫細胞のバランスが整ってくるので、

 

 

赤ちゃんのアトピーも自然と解消されていきます。

 

 

ですので、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になったとしても、

 

 

しっかりとスキンケアや薬物療法をすることで免疫細胞のバランスを調整していくことができますね。

 

 

乳酸菌が赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に効果的な理由とは!?

baby

ですが、赤ちゃんの頃にアレルギーの原因を持った子供だと成長する過程で、

 

 

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどの

 

 

アレルギー疾患を重複させて発症するケースがあります。( ゚Д゚)

 

 

ですので、できる限り早い時期にアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを正しく診断して、

 

 

適切な治療を早く受けることが重要となります。

 

 

近年のアレルギー研究でも判明しており、

 

 

アレルギーの発症を予防できるとのことです。

 

 

「L-92乳酸菌」という乳酸菌を摂取することで、

 

 

「①外部から侵入した細菌を守る免疫細胞」を強化できる分、免疫細胞のバランスを調整しやすくなります。

 

 

実際に、あいち小児保健医療総合センターアレルギー科によると、

 

 

生後10カ月~3歳未満の食物アレルギーを合併するアトピー性皮膚炎の患児59名を調査対象にしたところ、

 

 

アトピー性皮膚炎の標治療に加えて、

 

 

「L-92乳酸菌」を毎日20㎎摂取した赤ちゃんの方が、

 

 

アトピー性皮膚炎の症状に改善したとの報告があるのです。

 

 

アトピー性皮膚炎に効果的な乳酸菌サプリメントはアレルナイトプラス!?

 

Sponsored Links