乳酸菌の増やし方はどうやるの!?

 

 

 

乳酸菌を増やすためには

 

Sponsored Links

 

 

腸内の善玉菌を活性化させることが重要

 

 

 

で、主に、善玉菌が多く含まれる

食べ物を摂取していくことが重要となります。

 

 

 

善玉菌とは乳酸菌やビフィズス菌のこと

が挙げられ、これらは醤油や味噌汁、納豆、

それ以外にもヨーグルトやチーズなどに

含まれています。

 

 

 

特に納豆の成分は腸内の悪玉菌を

減らす働きがあり、さらに善玉菌を

増やしていきますので、積極的に

食事に取り入れていくと良いですね。

 

 

 

納豆以外にも食物繊維が豊富な

納豆やインゲン豆、干し椎茸、千切り大根

、こんにゃく、海藻類などがあげられ、

特に大豆やごぼうにはビフィズス菌が

栄養源としているオリゴ糖が含まれて

います。

 

 

 

食物繊維は善玉菌を増やして

くれますし、食後の血糖値も急激に

上昇されないので、余分な

コレステロールが体内に蓄積

されない傾向にあります。

 

 

 

乳酸菌でコレステロールや血糖値を下げる理由とは!?

 

 

 

 

 オリゴ糖は乳酸菌と違って胃や

腸内で消化されることがないので、

大腸まで届かせることができます。

 

 

 

大豆やごぼう以外にも

■牛乳

■バナナ

■たまねぎ

■アスパラガス

 

 

 

などが挙げられ、これらには

善玉菌が栄養源としている

グルコン酸なども含まれています

ので、腸内改善・便秘解消には

効果的だといえますね。

 

 

 

 

ポン酢にはグルコン酸が豊富

ですし、特に「はちみつ」の場合は

オリゴ糖とグルコン酸の両方が

含まれています。

 

 

 

善玉菌が増える最強の食生活とは!?

善玉菌を増やしていくためには

悪玉菌を減らしてく食生活が大切

となります。

 

 

 

悪玉菌を減らす食生活とは

主に、高タンパク質や脂肪分が

多い食生活を控えていくということです。

 

 

 

悪玉菌はタンパク質が大好物

なので、高脂肪・高タンパク質の食事

が中心になると、悪玉菌が増えて

しまいますし、大腸がん発症のリスク

を高めてしまいます。

 

 

 

ですので、脂身が豊富な肉類

中心の食生活ではなく、良質なタンパク質

が多い、豆類や魚介類中心の食生活

にすることが大切となります。

 

 

 

脂肪分の多い肉類中心の食事は

欧米から伝わってきたもので、特に

腸が長い日本人の体の場合は、善玉菌

を増やして、腸内環境を正しくしていく

ことが大切となります。

 

 

 

体内で悪玉菌が増加してしまうと

善玉菌が腸内で定着し辛くなるので

善玉菌が増えるような食生活をして

いくことが重要となりますね。

 

 

 

特に、「納豆」は悪玉菌を消す作用がある一方で、善玉菌を増殖させるので、納豆菌は最強といえますね。( `ー´)ノ

Sponsored Links

 

 

 

チーズであれば、加工されたチーズよりもナチュラルチーズの方が高い乳酸菌の力を発揮します。

 

 

 

それ以外だと、漬け物や

牛乳、みそが豊富な乳酸菌を

含んでいます。

 

 

 

勿論、食生活だけではなく、

自律神経が乱れる原因となる

過度なストレスにも気を付ける必要

があります。

 

 

 

自律神経が乱れてしまうと、

胃酸や腸液の分泌が低下して

しまったり、便秘解消の鍵となる

腸の蠕動運動も鈍くなってしまい

ます。

 

 

 

ですので、適度な運動をしてストレスを解消していくことも善玉菌を増やしていく要素(^^♪

 

 

 

 

となりますね。

 

 

 

胃酸を通過して善玉菌を増やすオリゴとは!?

 オリゴ糖は体内でビフィズス菌を

はじめに善玉菌を増加させる重要な

栄養源となっています。

 

 

 

オリゴ糖には以下のような種類が

あります。

■キシロオリゴ糖

■フラクトオリゴ糖

■ガラクトオリゴ糖

■イソマルトオリゴ糖

■ラフィ ノース

 

 

 

などがあります。実はこれらが含まれて

いる食べ物は違ってきますし、特徴も

少し変わっているのです。

 

 

 

乳酸菌は基本的に外部から腸へと

浸透しにくいので、すでに腸内に

住みついている善玉菌にオリゴ糖を

エサにしていく方が腸内バランスを

整えていきやすいのです。

 

 

 

オリゴ糖を摂取すると、お腹が張る

傾向にありますが、これは腸内環境が

悪玉菌よりも優勢になっている証拠で、

一時的に悪玉菌がオリゴ糖を食べようと

する結果、体内のガスを排出しようと

お腹が張ってしまうのです。

 

 

 

ですが、オリゴ糖を数週間摂取し

続けることで、善玉菌が優勢になるので

お腹の張りも解消されていきます。

 

 

 

乳酸菌を増やす重要性とは!?

 乳酸菌の摂取量を増やすと頑固な

便秘の解消や腸内環境の改善には

最適な効果を発揮します。

 

 

 

市販のヨーグルトを摂取するだけで

数日後には便秘が解消されたという

ケースもあります。

 

 

 

さらに、乳酸菌を増やすことで

ニキビなどの肌荒れに悩んでいる方や

疲れやすい体質の方でも乳酸菌を

摂取することはおススメです。

 

 

 

乳酸菌の摂取は便秘や下痢の

改善という整腸作用があるので、

デットクス効果による解毒作用が

ある分、体内を非常に健康的な

体へと導くことができるのです。

 

 

 

現代社会はストレスが多くて、かつ

食生活も添加物が多いものになって

しまうので、腸内に悪玉菌が増加して

しまい、肌荒れや疲れが溜まる傾向に

あります。

 

 

 

ですので、ファスティング(断食)や

デトックスをして解毒作用を体感して

いくことが健康な体への第一歩と

なります。

 

 

 

ヨーグルトなどの乳酸菌を加工した

食品を摂取するも大切ですが、腸内の

乳酸菌を活発化させていくことも健康や

美容には効果的となりますね。

 

Sponsored Links