乳酸菌は効かない?サプリはいつ飲むの?

 

 

乳酸菌といえば、もっとも有名なのは

ヨーグルトやサプリメントですよね。

 

Sponsored Links

健康のために食べている方、

結構、多いのではないでしょうか?(^^)/

 

ですが、ヨーグルトの食べすぎで

太る方やまたは、効果の出ない方

も中にはいらっしゃるようです。(–〆)

 

それは、乳酸菌に効果がないってことでしょうか?

 

 

いやいや、それは実は、

乳酸菌ではなくて、受け入れる側の

免疫力も影響をするのです。

 

そこで今回は、乳酸菌の効果的な

飲み方について、ご紹介していきた

いと思います。

 

 

乳酸菌の効果的な摂取方法とは!?

 

乳酸菌を摂ると、殆どは腸に

たどりつく前に胃酸で分解されて

しまいます。

 

そして、たとえ、腸にたどり

着いても残念ながら腸を

スルーしてしまうか、若しくは悪玉菌が

食べてしまうこともあるのです。(*へ*)

 

せっかく、腸に届いたとしても、

生きたまま、大量の乳酸菌を

送り込むことってとても難しいのです。

 

 

ですので、ヨーグルトやサプリメントを

続けて摂る意味は、乳酸菌を少しで

も生きた乳酸菌を腸に大量に送り込むことで

あって、万一、食べることを止めてしまえば、

たちまち乳酸菌は消えてしまうのです。(TT)

 

「ですので、乳酸菌はコンスタントに摂るのが良いですね。」

 

また、乳酸菌は数百種類もあり、

個人差によって、合う合わないこともあります。

 

自身にあった、乳酸菌であるならば、

その効果は現れますが、合わない場

合は、効果はありません。

 

 

乳酸菌の本当の効果とは!?

では、乳酸菌はもともとどのような効果があるのでしょうか。

 

 

・ どのような乳酸菌が効果があるのか

乳酸菌を選ぶ際には自分の症状に

あった乳酸菌を取ることをおススメします。

 

これからご紹介する、乳酸菌は

ほんの一部です。

 

自分にあった乳酸菌を生活に

取り入れて、みてはいかがでしょうか。

 

L-92乳酸菌
カルピス社が発見した乳酸菌で、

アトピーなどのアレルギー症状を緩和する

ことが期待できます。

 

一般の食材からは摂ることが

できないので、サプリメントで摂取します。

 

長年の研究開発で発見された貴重な乳酸菌です。

 

 

LGG菌
LGG菌は、ヨーグルトなどで有名ですよね。

耳にしたことあるのではないでしょうか?

 

胃酸や胆液などにも影響を受けずに、

腸にそのままとどきます。

 

「この菌は鼻づまりを改善したり、幼児のアトピーなどのアレルギー症状の発症を抑える効果を発揮しやすいです。」

 

 

BB536株
この菌は万能な菌です。

なんと生きたまま腸に届き、そのついでに

消化器系を元気にします。

 

「排便も促し、免疫力の向上もします。ですので、花粉症の抑制効果も期待できます。」

 

 

BE80株
この菌も胃酸や胆液にとっても強くて、

ビフィズス菌に比べとても力強く生命力

のある菌です。

 

 

この菌はダイエットに向いていて、

食べた後、分解を手助けし、腸内の

中の悪玉菌が食べ物を消化する際に

ガスを出すのですが、それを改善し

効果を発揮する傾向があります。

Sponsored Links

 

 

シロタ株
シロタ株は、白田さんが発見したこと

によって命名させたといわれています。

 

整腸効果に秀ていて、大腸菌や花粉症

にも効果があります。

 

また、大腸がんや膀胱がんの発がん性

リスクを軽減するとも言われています。

 

さらに、大腸がんや膀胱がんの

発がんリスクを低減する可能性も示唆

されています。

 

さまざまな乳酸菌をご紹介して

いきましたが、ベストな乳酸菌の

摂りかたってあるのでしょうか?

 

 

 

ベストな乳酸菌の摂り方とは!?

前述でもご紹介しましたが、

腸の中にある善玉菌は、数が

少ない上に、弱いので、多くの

善玉菌が束にならないと、悪玉菌に

負けてしまいます。

 

ですが、普段の偏った食生活や

不規則な生活習慣、または、ストレス、

加齢などが原因で、私達の体の中は

善玉菌は直ぐに減少してしまい、

気がつくと腸内は悪玉菌に溢れ、

また便秘や下痢や肌荒れなどの負の症状

を呼び込んでしまいます。

 

「ですので、腸の中の善玉菌を保つためには、乳酸菌を毎日継続して摂取し、善玉菌の数を維持させなければいけません。」

 

 

乳酸菌のサプリの場合いつ飲むのが効果的?

・乳酸菌サプリはいつ飲むといい?

乳酸菌は必ず、生きて腸まで届かないと

意味がありません。

ですので、胃酸や胆液に負けない乳酸菌を

選ぶことが大切です。

 

 

「そして、出来るだけ夜に乳酸菌サプリを摂取した方がいいです(^^♪」

 

その理由は、胃酸や胆液の

働きが弱くなり乳酸菌の吸収率が

高くなるからだといわれています。

 

 

【何と一緒に飲むのが効果的に摂取できる?】

乳酸菌の大敵は胃酸や胆液です。

乳酸菌を摂ったとしてもその、99%は

分解されて腸に届かないといわれていますが、

実は、あるものと一緒に摂る事によって、

乳酸菌は腸まで届きやすくなるんです。

 

 

「それは「常温の水」です。」

 

 

え?っと思われるでしょう?

これは胃酸の働きを水で薄める、

からだといわれています。

乳酸菌を摂取する際には、出来るだけ

胃酸に負けない強い乳酸菌を沢山

の水と一緒に摂るようにするのがおススメです。

 

 

「また、ヨーグルトよりもサプリメントのほうがより効果が現れるかと思います。」

 

 

【その他の乳酸菌摂取ポイントとは】
乳酸菌はサプリメントと並行して

食べ物から摂取していくことも良いかと思います。

 

チーズやヨーグルト、味噌やキムチ、

糠漬け、醤油に乳酸菌が含まれており、

 

これらの食品は、生きたまま腸に

届きやすく、とくにキムチはヨーグルトに匹敵

するくらいの乳酸菌が含まれています。

 

意外ですよね?

 

手軽なこれらの食品を毎日、

意識しながら摂ってみることも

良いかもしれませんね。

 

 

では、乳酸菌の総復習にいきたいと思います(^^♪

乳酸菌は取り込んでも胃液や胆液

という大きな壁によって腸まで届き

にくくなっています。

 

ですので、自分に合った出来るだけ

強い乳酸菌をサプリメントにて多くの水で

摂取するのが良いかと思います。

そして、最低でも2週間は毎日続ける

その効果が出てきやすいですね。

 

Sponsored Links