「オリゴ糖とはちみつの効果?子供は?カロリーで大さじは?」

 

 

オリゴ糖とハチミツ、料理本や料理番組、さらにはダイエット番組でも聞く事が増えてきた言葉ですよね。

 

Sponsored Links

そんな、オリゴ糖とはちみつについて、カロリーであったり、子どもへの影響についても紹介していきますね。

 

 

オリゴ糖とはちみつは便秘解消やダイエットに効果的?

よく、『オリゴ糖やはちみつは便秘解消やダイエットにも最適』という噂を聞いたことありませんか?

 

 

実はその通りで、オリゴ糖やはちみつは便秘やダイエットに非常に効果的であると言われ、

 

 

最近特に注目されているのです。

 

 

オリゴ糖は消化されにくく、体内に取り込まれにくいという特徴があり、

 

 

さらに低カロリーなので、ダイエットに最適と言われているのです。

 

 

また、オリゴ糖は野菜や果物、母乳などに僅かに含まれている多糖類というもので、

 

 

「腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれる働きをしているのです。」

 

 

オリゴ糖にはこのような働きがあるため、便秘になりにくい腸の環境を整えてくれるのです。

 

 

そして、はちみつも

 

 

「成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり代謝が良くなるので、脂肪燃焼につながるのです。」

 

 

ですので、最も成長ホルモンが分泌されると言われているのが睡眠時なので、

 

 

寝る前にはちみつを摂取することでダイエットにも効果が出てきます。

 

 

子供にはちみつやオリゴ糖はどう?

ただ、赤ちゃんにははちみつを食べさせてはいけません。

 

 

はちみつには『ボツリヌス菌』という菌が存在し、

 

 

腸内の抵抗力がまだ弱い1才未満の赤ちゃんに食べさせてしまうと、

 

 

『乳児ボツリヌス症』という病気にかかる可能性があり、

 

 

最悪の場合ですと亡くなっってしまう危険さえあります。

 

 

ですので、最低でも1才以上になってからはちみつをあげるようにしましょう。

 

 

子どもの便秘も最近は増えていますよね。

 

 

もし子どもが便秘になってしまった場合には、オリゴ糖が有効です。

 

 

ただ、そんなオリゴ糖でもやはり適量である必要があります。

 

 

スプーン一杯分くらいのオリゴ糖が最適ですので、それ以上はあげないようにしましょう。

 

 

過度に摂取してしまうと、今度は下痢を引き起こしてしまう可能性が出てきますので、

 

 

あくまで適量であげることを注意してください。

Sponsored Links

 

 

カロリーは?大さじ一杯摂取してもダイエットには大丈夫?

オリゴ糖のカロリーは、1グラムあたり約2キロカロリーと言われており、

 

 

1グラムあたり約3.8キロカロリーある砂糖の約半分しかないのです。

 

 

つまり、砂糖の代わりにオリゴ糖を使用することでダイエットにつながるというわけですね。

 

 

そしてはちみつに関しても、1グラムあたり約2.8キロカロリーしかありませんので、

 

 

砂糖を用いる料理やお菓子を作る際にはオリゴ糖やはちみつを代用していくと、

 

 

健康的にも良いですし、ダイエットにも効果的だと言えますね。

 

 

また、先ほども言いましたように、ハチミツには成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

 

 

ですので、寝る前に大さじ一杯ほどのハチミツを食べたとしても、

 

 

それがむしろ脂肪燃焼のエネルギーとなって、

 

 

代謝がさらによくなっていきますので、ダイエットには有効なのです。

 

 

もちろん過度に摂取してしまうのは良くありませんが、

 

 

大さじ一杯のはちみつというのはむしろダイエットに効果的なのです。

 

 

オリゴ糖・はちみつの効果的な摂取方法

はちみつは、寝る前にはちみつを大さじ一杯、暖かいお湯に溶かして飲んでみてください。

 

 

成長ホルモンの分泌を促進しますから、自然と眠りが深くなっていきますのでグッスリ眠れます。

 

 

ただし、寝る直前ではなく、1時間くらい前に飲むようにしてくださいね。

 

 

寝る直前に飲んでしまうと、逆に目が覚めてしまうこともあります。

 

 

オリゴ糖は、便秘に特に効果がありますので、もし現在便秘であれば、

 

 

排便をした日に摂取するのがベストと言えます。

 

 

もし現在は便秘ではなくても、便秘になりやすい体質なのであれば、

 

 

「毎日の食後に大さじ一杯ほどのオリゴ糖を摂取していくと良いです。」

 

 

オリゴ糖は比較的色々な食べ物に混ぜて食べることが可能ですので、

 

 

例えばヨーグルトであったり、コーヒーや紅茶に砂糖の代わりとして混ぜて摂取していくのも良いでしょう。

 

 

ただし、便秘の便秘の症状がひどい場合ですと、コーヒーや紅茶ではなく、

 

 

水と一緒に摂取していったほうがより効果的です。

 

 

そして出来れば常温で水を摂取して、身体に負担をかけないように摂取していくのが効果的ですね。

 

おすすめの高純度オリゴ糖食品「カイテキオリゴ」とは!?

 

オリゴ糖並みにおすすめできる乳酸菌サプリはどれ!?

 

Sponsored Links