「乳酸菌シロタ株はヤクルト以外にどう?ビフィズス菌との違い!」

 

 

近年、どんどんヤクルトやヨーグルトに含まれる乳酸菌が注目されてきていますよね。

 

 

Sponsored Links

実際これらに含まれる乳酸菌は非常に健康を保つ上で重要とされているので、

 

 

ぜひあなたも積極的に乳酸菌を摂取していただければと思います。

 

 

しかし、乳酸菌にも様々な種類があることはご存知でしょうか?

 

 

例えばヤクルトであれば、乳酸菌シロタ株が有名ですし、

 

 

ヨーグルトであればビフィズス菌が有名ですよね。

 

 

そこで今回は、乳酸菌シロタ株とビフィズス菌について詳しく紹介していこうと思います。

 

 

ヤクルト以外に含まれる乳酸菌シロタ株とは?

shirota

ヤクルトに含まれていることで有名な乳酸菌シロタ株ですが、

 

 

『ヤクルト以外には含まれてないの?』という疑問を持たれた方が多いのではないかと思います。

 

 

実はこの乳酸菌シロタ株の『シロタ』というのは、

 

 

ヤクルトの代田さんという方が開発したものだから『乳酸菌シロタ株』と呼ばれているのです。

 

 

つまり、この乳酸菌シロタ株はヤクルト独自のものだということです。

 

 

そのためヤクルト以外には基本的に含まれておりません。

 

 

この乳酸菌シロタ株は、『ラクトバチルスカゼイ』という名前の乳酸菌を改良したものだと言われております。

 

 

この乳酸菌はもともと免疫力を高める効果があると言われていたもので、

 

 

さらに改良を加えることによって腸まで届きやすい強い乳酸菌になることができたというわけなのです。

 

 

乳酸菌シロタ株でノロウイルスや胃腸炎、風邪はどう?

 

 

それが乳酸菌シロタ株であり、ヤクルトの強みでもあるということですね。

 

 

なので乳酸菌シロタ株を摂取したい場合には是非ヤクルトを購入してみてくださいね。

 

 

ヤクルトの乳酸菌シロタ株で乳がんは?免疫力を高める?

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌シロタ株の違いとは?

chigai

ビフィズス菌と乳酸菌シロタ株、これら二つは乳酸菌の中でも有名なので、

 

 

ご存知の方は多いかと思います。

 

 

しかし、これら二つの乳酸菌の何が違うかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌シロタ株の最も大きな違いは、『繁殖する場所』です。

Sponsored Links

 

 

ビフィズス菌は主に大腸で繁殖すると言われております。

 

 

それに対し乳酸菌シロタ株は、主に小腸で繁殖すると言われております。

 

 

決定的な違いというのはこれくらいで、

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌シロタ株を摂取することによる健康面での効果は、

 

 

どちらもさほど変わらないと言われております。

 

 

同じく腸まで届きやすい乳酸菌と言われておりますし、腸内環境を整えてくれる働きもあります。

 

 

そして便秘の改善にも効果的だと言われておりますので、

 

 

どちらもバランス良く摂取していくのが最も効果的に健康な体を手に入れることができると言えますね。

 

 

乳酸菌シロタ株は主にヤクルトに含まれており、

 

 

ビフィズス菌は主にヨーグルトに含まれております。

 

 

なので、ヤクルトとヨーグルトをバランス良く普段の食生活に取り入れてみてください。

 

 

そうすることでより腸内環境を整えることができますのでお勧めですよ。

 

 

ビフィズス菌の働きや効果とは?

a0001_014026

ビフィズス菌は、主にヨーグルトやチーズ、そして漬け物などの発酵食品に多く含まれております。

 

 

そんなビフィズス菌は、主に腸内環境を整えてくれるという働きがあります。

 

 

人は、ストレスや疲労が溜まることによって腸内環境が悪くなり、

 

 

腸内の善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまうと言われております。

 

 

悪玉菌が増えてしまうことによって、腸内環境はどんどん悪くなり、

 

 

便秘や下痢を初めとした体調不良に侵されてしまう可能性が高まるのです。

 

 

しかし、ビフィズス菌を摂取することによって悪玉菌を減らしてくれ、

 

 

そして善玉菌を増やしてくれるので、便秘や下痢などの症状を納めてくれるというわけです。

 

 

悪玉菌は、便秘や下痢などの症状だけに留まらない可能性もあるので気をつけなくてはなりません。

 

 

悪玉菌は、毒素を生成する働きを持っています。

 

 

その毒素が増え続けてしまうと腸がダメージを受けてしまい、

 

 

最悪の場合それが原因となって大腸ガンを引き起こしてしまう可能性も出てくるのです。

 

 

ですから、悪玉菌が増え続けるということは、命の危険でもあるということです。

 

 

それを防ぐために重要な役割を果たしているのがビフィズス菌なので、

 

 

ぜひ積極的にビフィズス菌を摂取してくださいね。

 

 

腸内環境の改善に効果的な乳酸菌サプリメントやオリゴ糖は!?

 

Sponsored Links