善玉菌のチカラで花粉症などのアレルギーを治す?

 

善玉菌は花粉症などアレルギーに非常に効果があります!

 

Sponsored Links

善玉菌は悪玉菌と並んで、腸内に100兆もある腸内細菌のことですが、アレルギーを起す原因は主に腸内を酸性にする働きのある善玉菌と腸内をアルカリ性にする悪玉菌とのバランスが崩れて、

 

その結果の一つとして免疫力の低下、ひいてはアレルギー疾患へとつながるのです。

 

でもご安心下さい。

 

善玉・悪玉菌の必要性を理解し、日常生活習慣をを少し見直せば、花粉症とかぎらず、アレルギーの改良に期待が持てるでしょう。

 

善玉菌のチカラで花粉症を予防・対策?

zendamakinnochikara

日本人の約25パーセントは花粉症にかかると言われるくらい、お馴染みのこの症状の原因は、春のスギやヒノキの花粉症もあれば、

 

最近では、一年中花粉症にかかっている人も少なくありません。

 

何故これほど季節性の高かった疾患が、常時溢れているのは、ヒトの側に以前と比較して当然あるはずの抵抗力が落ちていることが考えられます。

 

体内の抵抗力の働きの多くが腸内環境を整えることにかかっていて、中でも善玉菌を増やすことが最短の道でしす。

 

日頃から善玉菌が増えやすい食事管理が大事でしょう。

 

善玉菌のチカラで花粉症の予防・対策に効果があるたべものは:

 

1)

穀物類やおイモ類などに加えて、切り干し大根、干しシイタケといった乾物、海藻類、豆類が挙げられます。

 

これらは植物繊維が豊富で、腸内の悪玉菌が作る有害物質を体外へ排出してくれる有難い存在なのですが、

 

その上善玉菌を増やす栄養源でもあるのです。

 

 

2)

バナナ、ハチミツ、牛乳、大豆、ゴボウ、たまねぎ、アスパラガスなどは、善玉菌の栄養の元になるオリゴ糖が多く含まれていて、毎日の食事に摂取しやすいでしょう。

 

 

3)

腸内環境を整えるのにお馴染みの乳酸菌、ヨーグルト。

 

朝食のあとのヨーグルトは、その日の便通もさわやかにしてくれ、一石二鳥の選択ですね。

 

しかし糖分を含むヨーグルトは、逆に悪玉菌を増やすので避けましょう。

 

善玉菌のチカラでアレルギー体質を改善できる?

zendamakinnochikara

善玉菌のチカラでアレルギー体質はある程度改善は可能ですが、全部というわけではありません。

 

何故なら、アレルギーは、既にその分野を広げ、腸内環境を整えてから、徐々に健康が戻った時代と今は同じではないからです。

 

アレルギー自体、その発症は、花粉に留まらず、食材をはじめ、ハウスダスト、排気ガス、ストレス、加齢等々、原因は益々増える一方で、

 

しばらくは、アレルギー体質はその症状は見た目には簡単でも、根強い問題提起を出しそうです。

 

そうだからといって、その行く末を眺めているわけにもいきませんね。

 

個々人が、できる範囲で、努力し、工夫をして対応すのに尽きるでしょうか。例えば:

 

1)

家庭で、あるいは友達同士で、知識・情報を分け合う。

 

2)

日頃の食事管理を見直す。

 

3)

帰宅後のうがいや手洗いを徹底させ、外部からのホコリを持ち込まないようにする。

 

4)

花粉症の季節には、原因とされる木や花の近くを通らない。

 

5)

必要であれば、マスクを使用する。

 

6)

適度な運動を心がける。

Sponsored Links

 

7)

充分な睡眠・休養をとる。規則正しい生活

 

8)

前向き思考。

 

と言うわけで、善玉のチカラでアレルギー体質は改善できる、、、、、を改め、アナタのチカラでアレルギー体質は改善できる、、、です。

 

善玉菌のチカラとアナタのチカラで、アレルギー体質を改善しませんか?

zendamakinnochikara

一般的には、腸内に存在する菌は、その70パーセントが善玉でも悪玉でもない、日和見(ひよりみ)菌と言い、

 

場合によっては善玉にもなれば悪玉にもなるという性質を持った菌ですが、それ以外に善玉菌20パーセント、悪玉菌10パーセントの割合で占めています。

 

このバランスが保たれていると、健康な状態を維持できるわけですが、一旦バランスが崩れると、体調に支障が生じるのです。

 

ビフイズス菌や乳酸菌からなる善玉菌が減少すると、腸内は酸性からアルカリ性へと代わり、免疫力が低下します。

 

例えば善玉菌の率が10パーセントになると、その分悪玉菌は増えて20パーセントの割合になり、腸内に毒素や腐敗菌、発ガン物質を増やすのです。

 

それだけではありません。日頃おとなしいどっちつかずの日和見菌が悪玉菌に加担し始めるのです。

 

悪玉菌といって名前の響きから、全部追い出したいと思うかもしれません、それは違います。

 

悪玉菌は、肉類などのタンパク質の分解にはなくてはならない存在なのですから、ゼロにするわけにはいかないのです。

 

悪玉菌が増えると、自然、便秘にもなりやすく、腸内で消化しきれない老廃物は体外へ排出するのに時間が掛かり、大腸ガンなどのリスクが高まるわけです。

 

それではどうやって、上手に善玉菌・悪玉菌のバランスを保てばよいか?

 

以下に解説していきますね。

 

1)

毎日、植物繊維の豊富な食材を食事に摂りいれること。

乳酸菌の代表格である糖分を控えたヨーグルトを、毎日200−250グラム程度摂取すること。

ヨーグルトは手頃に手に入りますが、摂りすぎると人によっては下痢を起すこともあります。

適量を守りましょう。

 

また、普通にヨーグルトを摂取するよりも、20億個以上カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌が含まれている「善玉菌のチカラ」を摂取した方がカロリーも少なく済むので、おすすめです。

 

カルシウムも約70mg含まれていますね。

 

 

2)

最近は食事の内容は動物性脂質のものが比較的多いです。

その場合は、野菜や大豆類、果物の組み合わせに注意したいですね。

悪玉菌は確かに免疫力を低下させ、生活習慣病や便秘、肌荒れ、ストレス等の原因になりやすいですが、
怖がることはないのです。

 

何故なら、アナタはもう、腸内環境のメカニズムが簡単で覚えやすいことをご存知ですよね?

 

ですから、アレルギー体質改善はアナタのチカラでできるのです!

 

キーポイントは、只一つ、アナタの意識です!

 

いつも健康でいたい、元気満々でいたい、きれいでいたい、穏やかな表情でいたい、、、、

 

と言うアナタの意識がアナタやアナタの家族の健康を作っていくのです。

 

善玉菌のチカラを最安値で買えるのはココ!

 

まとめ

昔の人は ”病いは気から”と言いました。

現代人の私達は ”健康は気から”と言えるでしょうか?

健康は生きていくうえで、かけがえのない財産と言えるでしょう。

健康はお金では買えません。家族や自分の健康を望むなら、毎日の小さな工夫や努力が必要ですね。

あまり簡単なことでウッカリしてしまいそうですが、体の中心にある腸内環境を正常に保つことは、将来に向けて、夢広がるようではありませんか?

 

Sponsored Links