「善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌など)」とは“腸内細菌(腸内フローラ)”の一種で、

 

 

悪玉菌やその他の細菌と一緒に人間の腸内にたくさん存在しています。

 

Sponsored Links

 

善玉菌のチカラは美容を促進?

zendamakinnochikara-hada

 

その善玉菌が悪玉菌よりも少し多い状態(その他の細菌が一番多い)になることで、

 

 

腸内にとっての理想的な環境である“弱酸性”状態に導くことができます。

 

 

このような絶妙のバランスを保つことで、善玉菌が活発になり増えやすくなるのです。

 

 

善玉菌が活発になると、腸が正常に働いてくれ、摂取した食物を十分に消化・吸収できますし、

 

 

便秘や下痢を防ぐこともできます。悪玉菌優勢のとき(弱アルカリ性)には便から有毒ガスが発生し、

 

 

そうやって発生した有毒物質が血管の中に取り込まれ、血行も悪くなっています。

 

 

しかし、善玉菌の活躍により、有毒物質の発生が抑えられると、悪くなっていた血行が改善し、

 

 

消化・吸収された栄養は体の隅々まで行き渡るようになります。

 

 

行き渡った栄養は肌の細胞へと届けられ、ターンオーバー(生まれ変わり=新陳代謝)を促進、

 

 

ストレスや栄養不足で失われていた肌のハリや瑞々しさを取り戻すことができます。

 

 

このように善玉菌の活躍は、巡り巡って「美容」にも良い影響や効果をもたらしてくれるということなのです。

 

 

そこで『善玉菌のチカラ』が出番になります。

 

 

このサプリメントに含まれる「カスピ海ヨーグルト」の成分、“クレモリス菌FC株”は、

 

 

生きて腸まで届くという強力な性質を持ちます。

 

 

通常、善玉菌の多くは腸に届く前に胃酸などの消化液によって、

 

 

または調理の加熱などによって、死滅してしまいます。

 

 

その死骸も腸に元から存在する善玉菌の栄養になり、決して無駄にはならないのですが、

 

 

この“クレモリス菌FC株”は生きて元気のある状態でそのまま腸に届くためより高い腸内改善効果が見込めます。

 

 

また、海藻由来の食物繊維(アルギン酸カリウム)も添加されているため、

 

 

便通の改善と共に血行も良くなり、先ほど言った「美容」にとても役立つことになるのです。

 

 

“体の内側から綺麗にしている”と言えるでしょう。

 

button_official

 

 

善玉菌のチカラはアトピーや脂漏性皮膚炎を治す?

zendamakinnochikara-hada

 

アトピーの方は、免疫力が低下しています。

Sponsored Links

 

 

アトピーとは、正確に言うと「アトピー性皮膚炎」のことで、

 

 

“アレルギー物質による免疫の過剰反応”が原因で発症する病気です。

 

 

通常、体に入り込んでくる外敵である異物(抗原)に対して、

 

 

体の中ではそれをやっつける抗体が作られます。

 

 

抗原抗体反応が正常に行われることで、免疫機能が有効に作用するのですが、

 

 

同じ抗原が繰り返し侵入してくる度に攻撃を繰り返すうち、本来は無害なはずのその他の異物に対してまで敵対し、

 

 

過剰反応してしまうことで起こる現象が「アレルギー反応」と呼ばれるものになります。

 

 

その結果、皮膚は痒みなどを伴う炎症を起こしてしまうという訳です。

 

 

このようにアトピーの方は、免疫機能の“バランス”が崩れています。

 

 

そして、そのバランス崩壊の裏側に潜んでいる要因が、実は「免疫力の低下」なのです。

 

 

というのも、もともと免疫力が低いために少しの刺激で過剰反応してしまうからであり、

 

 

免疫機能が正常なら無害なはずの異物も“有害”と認識され、免疫細胞が攻撃を始めるということです。

 

 

ですから、この『善玉菌のチカラ』によって、ぜひアトピーを改善してみてください。

 

 

このサプリの中に含まれる「カスピ海ヨーグルト」の“クレモリス乳酸菌FC株”は生きて腸まで届くため、

 

 

腸内を正常(善玉菌の優勢状態)に戻し、そうなれば免疫力も強化されることでしょう。

 

 

さて、「脂漏性皮膚炎」の方にはどのように効くのか説明していきます。

 

 

脂漏性皮膚炎は、人の皮膚に常に存在する菌で、

 

 

マラセチアというカビが肌から出される汗や皮脂の多い場所を好み異常に増殖して、

 

 

マラセチアから出る代謝物質により、肌が湿疹を伴う炎症を起こしてしまうという病気です。

 

 

だから、皮脂や汗が過剰分泌される状態ではいけないということになります。

 

 

肌は新陳代謝により瑞々しさを保っています。

 

 

肌のターンオーバー(生まれ変わり)が正常に行われているうちは問題ありませんが、

 

 

その周期が遅くなり、古い細胞が新しい細胞と交代するまでの時間が長くなると、

 

 

肌の細胞は古い細胞のままでいることが多くなり、そうなると肌のハリ、ツヤ、瑞々しさが失われてしまいます。

 

 

肌の水分が足りなくなって来るとこれ以上水分を蒸発させまいとする作用が働き皮脂の過剰分泌が起こります。

 

 

皮脂とは肌を保湿し、バリア機能を保つために分泌されるものですが、

 

 

それが過剰に分泌されることで先ほどのマラセチアが繁殖し、「脂漏性皮膚炎」となるのです。

 

 

それを防ぐためには、肌のターンオーバーを促し、

 

 

皮脂が過剰分泌されないように瑞々しさを保つ必要があります。

 

 

そのターンオーバーを促すものは、肌への“栄養補給”です。

 

 

「食物繊維」も添加された『善玉菌のチカラ』を使って便通を良くし、

 

 

血行の改善によって肌への栄養補給を促せば、

 

 

ターンオーバーを正常に保つために、肌の新陳代謝をあげることが大切です。

 

button_official

 

Sponsored Links